タグ:健康 ( 103 ) タグの人気記事

第5の国民病とは?

小林正観さんの本をまとめてUPしてしまいましたが、
2011年の研究テーマ?の一つに、
小林正観さんについてもう少し知りたいというのがありました。
何とか年内に滑り込みを決行したという感じです。

さて、いよいよ今年も残り少なくなってきました。
新聞やテレビなどでも2011年を振り返る特集や番組が
多くやっているのではないでしょうか?

どんな1年でしたか?


自分自身を振り返ると、
特別大きな何かがあったわけではありませんが

・父親の施設入所が決まったこと。
・妹がついに?、結婚したこと。(結婚出来たこと。)
・幼稚園に通いだした息子が随分としっかりしてきたこと。

などが大きな出来事だったかも知れませんが、
妻と子供たちが元気でいてくれ、
一緒に楽しく暮らせているというのが、
やはり一番ありがたいことかもしれません。

※これは、正観さんの『普通の淡々とした生活が幸せの本質』を
さっそく、自分に当てはめて実践しているのが、
バレバレと言われそうですね!!


さて、随分と前置きが長くなってしまいましたが、
2011年、健康関連の新聞記事で大きく印象に
残っていることがあります。

それは、うつ病を含めた精神疾患が五大疾病(第5の国民病?)
として位置づけられ、今後の医療計画に
反映されるというものでした。
※参考記事:『5大疾病に位置付け』(2011/08/11読売新聞)



これまで国民病と言えば、
がん、脳卒中、心臓病、糖尿病でしたが、
精神疾患の患者数は2008年の調査時点で320万人と、
糖尿病の240万人、や150万人のがんなど
他の疾患よりも圧倒的に多いというのです。


精神疾患と言えば、脳やココロそしてストレスとの関係が
すぐに連想されるかと思いいます。

しかし、近年ではメディアなどでも

『痛みや身体の不調も脳の過敏もしくは機能低下と関係している』

ことがずいぶんと取り上げられるように
なってきたかと思います。


創楽カイロ研究所でも、
私自身の興味が(父親のことなどもあり)、
脳やココロにあったので、

身体とココロと脳のバランスをいかに整えるか

に取り組んできたわけではありますが、
今後も引き続きこのテーマに取り組んで行きたいと思います。


今年もいよいよ残り少なくなってきましたが、
お身体に気を付けて良いお年をお迎えください。




豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
うつ症状や慢性痛を一人でお悩みではありませんか?
身体とココロのお手入れに取り組むならご相談ください。

[PR]
by happyfun120 | 2011-12-26 12:14 | 体について

腰痛と椎間板ヘルニアの国民的大誤解とは?

先日もNHKのためしてガッテンで、腰痛に関連して
驚異の回復!腰の痛み』(2011/11/16放送)が
取り上げられていました。

ようやく
ヘルニアが腰痛や坐骨神経痛などの原因と
特定できるケースは、非常に稀(約5%)であること

が常識になりつつあるようですね。

個人的は少しうれしかったのですが、
先入観や思い込みの強さを痛感させられた方も
多かったのではないでしょうか?


詳しくは、上記の番組HPを確認していただければ
と思いますが、参考までに要点のみまとめておくと・・・

続きを読む
[PR]
by happyfun120 | 2011-11-26 22:38 | 体について

あきらめない脳梗塞のリハビリに取り組むなら




脳梗塞のリハビリと改善の個人的な記録のである
本書から希望を感じる人はきっと多いと思います。

その理由は、
著者があきらめずに取り組み続けられた結果と現実、
試行錯誤された具体的な取り組みが記録されている
ために、アイデアやヒントとして活用できること。

脳の可塑性の可能性と脳梗塞を含めた脳卒中等の
リハビリを簡単にあきらめてしまうのは、
非常にもったいないことを教えてくれること。
にあるような気がします。

参考度、活用度が非常に高いと思われるこの
個人的体験記と、客観的に脳の可塑性の可能性を
わかりやすく伝えてくれる『脳がよみがえる』は、
リハビリに取り組む方の家族や身近な人にとって、
心強いパートナーになってくれるはずです。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
脳の可塑性を最大限に活用した、
腰痛、肩こりなどの慢性痛の改善に取り組むなら。

[PR]
by happyfun120 | 2011-11-19 22:18 | 書籍(体)

脳卒中(脳梗塞)の福音書となりますように

NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ革命
NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ革命
市川衛 / 主婦と生活社
おすすめ度:★★★★


 NHKスペシャルの番組は見ていたので、
番組と同じ内容だけだったらどうしようと
購入を悩んでいましたが・・・
購入して読むだけの価値は十分ありました。

 というのは、「はじめに」で書かれている

・なによりも最新の情報を伝えよう。
・どこよりもわかりやすく正確に伝えよう。
・いますぐ暮らしに役立つ形で伝えよう。

という目的が本当に見事に実現されているのです。

医療の常識は、変わり続けます。
脳卒中の麻痺で自信を失われている人が、
少しでも本書によって勇気付けられますように。

本書で紹介されている内容は、いわゆる
健康情報とはレベルや質が異なります。
一般の人でも十分理解でき、身近な人や自分自身に
生かせる内容であるところが素晴らしい。
 
ただし、具体的なリハビリ方法が詳しく
紹介されているわけではないことや、
参考文献なども必要最小限に押さえられているのが
少し物足りないかもしれません。
(あくまでも専門家ではなく一般向けです。)

※『脳の可塑性』の理解を深めるなら、
脳の中の身体地図』が個人的にはおすすめです。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
腰痛、肩こり、頭痛などの慢性痛の解消を目指すなら。
脳の可塑性が大切なポイントです。

[PR]
by happyfun120 | 2011-11-18 23:40 | 書籍(体)

女性の生理時の頭痛と脳の過敏状態にご用心

 少し前の話題になりますが、現代科学により色んなことが
分かるようになっていることを改めて実感させられることが
ありましたので、忘れないうちに簡単にまとめておきます。

■生理時にひどい/辛い頭痛をいつも感じる女性方
■不眠、めまい、耳鳴りなどの慢性症状をお持ちの女性の方

は、特に参考になるかもしれません。
記事のネタはいつものNHKためしてガッテン(2011/09/28放送)

『不眠・めまい・耳鳴り 不快症状を解消せよ!』 より。

 慢性痛と脳の関係については、創楽カイロのHP
慢性痛の改善専門』でも取り上げていたのですが、
不眠、めまい、耳鳴りなどの慢性症状の原因としても
『脳の過敏状態』が関係していることがあり、
片頭痛を長期間放置した結果が脳の過敏状態に
つながることがあるというのです。


さらに、片頭痛に関連して、女性ホルモンのエストロゲンが
強く関係しているというのです。

(生理時には、頭痛を経験される方も多いかと思いますが、
ひどい頭痛や片頭痛の方は、特にご用心下さい。)

その仕組みは・・・・

続きを読む
[PR]
by happyfun120 | 2011-10-30 20:51 | 体について

脂肪の取りすぎと睡眠時間が少ない方はご注意を!

 少し長くなってしまいましたが、今回は肝臓のお話です。

 最近、疲れやすいと思って検査を受けたら肝機能障害を
指摘された方や、肝炎ウイルスのキャリアだった方などが、
続けて当研究所に新規に来られており、
肝臓について改めて確認と勉強をするきっかけがありました。

 現在の食生活などを考慮すると、恐らく同様の肝臓病
(肝硬変さらには肝臓がん)が増えると予測されるのは、
明らかなので少し関心を持ってもらえれば何よりです。


 さて、突然ですが、クイズです。

Q.あなたは、肝臓はの働きを知っていますか?



(少し実際に考えてみてくださいね・・・・)





肝臓と言えば・・・「アルコールの分解」がぱっと
頭に浮かんだ方も多いかと思いますが、
それ以外にも肝臓の主な働きとしては、

■糖質、たんぱく質、脂質の合成と代謝
■脂溶性ビタミン、グリコ-ゲン、中性脂肪などの貯蔵
■アルコール、赤血球、有害物質などの解毒・分解・排泄
■胆汁の合成と分泌


などがありますが、実はまだまだあるのです!!

 何と言っても、肝臓は500種類もの化学処理を
しているとも言われ「体内の化学工場」
とも呼ばれることが多いのです。

 だから、肝臓の働きは?と言われても、
何となく分かってそうでも、よく分からないのは
当然と言えば当然かもしれませんね。


 前置きがずいぶんと長くなってしまいましたが・・・・・

続きを読む
[PR]
by happyfun120 | 2011-10-11 08:23 | 体について

西洋も東洋も行き着くところは同じ

汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法
汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法
バーナード・ジェンセン / ダイナミックセラーズ
おすすめ度:★★★


 新装改訂版とありましたが、それ程新しい内容や情報が
上手くフォローされているわけでもなく、古さと西洋的な
アドバイスが目立った気がします。

 腸の環境を整える具体的なプログラムや心構えなども
紹介されており、ほほ笑ましくもあるのですが・・・

 当然と言えば当然ですが、腸の環境を整える方法は、
西洋人が研究しても、東洋人が研究しても同じところに
たどり着きます。今更言う必要もないかもしれませんが、
小食(と断食の)導入と定着です。

 そうであるなら、あえて本書でなくても、日本人の
生活スタイルが考慮されているような新しめの日本の
書籍や断食分野の元祖的存在である甲田先生や西式健康法
の方が、『合っている』と感じる方が多いように思います。

 ただし、いわゆる断食療法は、厳しさを伴うことを
考慮すると、『1日3分 腸もみ健康法』、などから、
ゆっくり、確実に取り組まれることをオススメします。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
便秘やポッコリお腹でお困りではありませんか?
『便秘すっきり改善コース』もご用意しています。

[PR]
by happyfun120 | 2011-10-08 22:16 | 書籍(たべもの)

本当に信頼できる健康法とは?

健康問答―平成の養生訓 (平凡社ライブラリー)
健康問答―平成の養生訓 (平凡社ライブラリー)
五木寛之・帯津良一/平凡社
おすすめ度:★★★★


 情報が氾濫する現代において
何が信頼できるのかと迷っている人には、
本書は非常に役立ちます。恐らく真実(?)
に近いところをついているんだろうな
というのが正直な感想です。
(お二人の著書も何冊か読んでおり、
どちらも個人的にはすごく好きです。)

 対談集と言っても、ほんとうに健康オタクの
おじさん二人が、居酒屋でわいわい好き放題を
語っている感じなのです。だからこそ、本音や
健康に関する真実というか本当のところが、
非常に上手く伝わるようにも感じます。

 普段から心身ともに健康である人にとっては、
・牛乳は体に良いのか、悪いのか?
・体の癖や歪みを正せば、元気になるのか?
など、どうでも良いはずだと思います。
 本書を読み進めるうちに、どうでも良い、
いい加減、ほどほどなどが結局は大切であることを
健康でない人にも、心配や不安がある人にも、
実感出来るようになっています。

 代替医療の方にとっては、既に知っていることや、
やっぱりなと思うことばかりかもしれませんが、
それでも、エビデンス、安保理論、ガン、そして、
命の場のエネルギーや現代の医療の大きな流れなどを
帯津氏がどのように捉えているかが参考になります。

 健康になるためにはこの本1冊で十分、
というわけには行きませんが、これまで色んな
健康法に取り組まれた方には、非常に納得かつ
読んでいて楽しく、満足感の高いお得な1冊です。
☆5にしても良いかもしれません。
科学至上主義の方には、怒られるでしょうが…




豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
健康情報に振り回されなくても大丈夫!
と、思えるような身体作りをしてみませんか?

[PR]
by happyfun120 | 2011-10-07 21:44 | 書籍(体)

食に対する判断軸を作るヒント

ほんとの野菜は緑が薄い (日経プレミアシリーズ)
ほんとの野菜は緑が薄い (日経プレミアシリーズ)
河名秀郎 / 日経プレミアシリーズ
おすすめ度:★★★★


 思わず本を売るためのタイトルでは?
と訝ってしまった本書ですが・・・

・ほんものの野菜について
・農薬と肥料について
・土について
・タネについて
・菌について
・自然について(自然と調和した生き方について)

が自然栽培に長年取り組まれている著者から
1つの提案として紹介されています。

本書を読み進めると、普段の自分の食生活がどれだけ
不自然であるのかを認識し、ショックを受けたり、
少し気分が滅入る人もいるのではと思います。

生産者でない私には、現場や現実の大変さが
分かっていませんが、それでも農業や自然との共存を
考えた生活の本当のヒントはやはりこの自然栽培に
あるような気がしてなりません。

『奇跡のリンゴ』もとても参考になる本ですが、
単なる自然回帰や自然農法ではなく、有機栽培で
行き詰っている生産者の方や、健康問題を抱えている人には、
自然栽培という考え方は、きっと1つのヒントになると
思います。著者の思想をより詳しく理解するためには、
著者のHP を参考にされると良いと思います。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
痛みや不調も無い、無理をしないシンプルライフとは?
あなたらしい楽を一緒に創るパートナーです。

[PR]
by happyfun120 | 2011-10-02 22:54 | 書籍(たべもの)

健康診断、うまく活用できていますか?

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、
確かにすっきり秋らしくなってきましたね。
秋と言えば・・・運動会!ということで、
先日、長男の幼稚園の運動会に初めて行ってきました。

 実は少し前から、息子とかけっこに結びつくような練習
(といっても、建物の廊下を走るだけですが)
をこっそりしていたのですが・・・

 運動会本番。
息子はかけっこの最初(第1組み)で、
まわりをキョロキョロしているうちに、スタートの合図がなり、
出遅れスタートの結果は4着。
にも関わらず、「僕1番だったよ」となんだかうれしそうでした。
(※ゴール後に4番の列に最初に並んだので、
それを1番と勘違いしていたんかもしれません。)
また、来年はどんな勘違いをしてくれるかが、楽しみな息子です。


さて、運動会と言えば、元気が一番。
普段の元気のためには、健康診断!とは、
言いませんが・・・

 妊婦さんには、妊婦健診。
 30歳を過ぎたら(?)、健康診断。

 確かに、どちらも悪いことではないと思います。
しかし、健康診断の結果を上手く活用できている人は、
もしかすると、少ないのでは?などと思っています。

 少し前に、『腎臓』をテーマにしたNHKのためしてガッテンで

・腎機能がどれくらい残っているか%で分かる検査
・人工透析にならないためのチャート式早見表

というのが紹介されていました。
お手元に詳しい、健康診断の結果をお持ちの方で、
身体の悩みや、不安をお持ちの方は、
参考にしてみてください。

特に、貧血、糖尿病、中性脂肪、そして、痛風という
キーワードに該当する方には、おすすめです。

健康診断の結果に振り回されるのは、
本末転倒なので、それ以外のかたにはおすすめはしません。
(※参考:『腎臓が突然ダメになる 急増!沈黙の新現代病』/
ためしてガッテン2011/09/14放送)

 身体の仕組みは、本当に複雑極まりなく、
そう簡単に割り切って考えられるものではありませんが・・・
血液、リンパ、便、などどれも共通して言えるのは、
とどこおったり、よどませてはいけない。
と言うことです。

 動的平衡、これもやはり同じことですよね?

  

豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
健康診断に頼り過ぎない身体作り。
自分の身体の異常を自分で感じられる身体作りを応援しています。



 
[PR]
by happyfun120 | 2011-09-25 21:40 | 体について