<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

多くの経験から導き出されたアドバイス

うつ病の相談室
うつ病の相談室
林公一 / 保健同人社
おすすめ度:★★★★


 本書は、うつ病患者さんのための
「うつ病を治す」と、家族や職場を含めた
関係者のための「うつ病を助ける」の
二部構成で、45の質問に対する回答と
解説から成り立っています。

 本当の実例ではないようですが…
本当に良くありがちな質問を作り上げ、
それに対して回答と解説をすることで、
読者がそれぞれ自分にあわせて状況を
考え理解が深められるようになっている
のがポイントです。

 うつ病の全体像や大切なポイントを
理解するために、本人にも家族や関係者にも
入門書としてとても参考になります。
サイト(「こころと脳の相談室」)を
長年運営されている精神科医ならではの
成果の一つのように思います。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
うつ症状や自律神経失調症などで困りの方は、
一度「こちら」を参考にしてみてください。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-31 23:11 | 書籍(ココロ)

子ども達に伝えたいこと

 先日ご紹介をさせていただいた、
田坂広志氏の90分の講演がどうしても気になって
ダウンロードをして、倍速再生で聴いてしまいました。

※お時間と興味のある方だけ、参考にしてみてください。

「いま、あなたに何ができるのか
-すべての人が社会に貢献できる生き方・働き方-」


 この講演をうまくまとめたのが恐らく先日のYouTubeの
画像かと思います。基本的には同じことを言われていました。

 しかし、改めて色んなことを考えさせられるものです。

 この講演を聴き終わり、なぜかふと自分の子ども達に
伝えたいことが頭に浮かんできました。

 このブログに書くのは少し場違いかとも思いますが、
忘れないうちに書き残してきます。

■生きるというのは、楽しむこと。

■物事や現実は、必ず良くなるように変えていけること。

※言葉だけで書いてしまうと、誤解を招きかねませんが・・・・。
※1つ目のメッセージは、実は最近読んだ
 『苦労の節約』という本の影響でもあります。
 この本を紹介してくれたOくん、ありがとう。


 それにしても、また驚いたのは、
このソフィアバンクというシンクタンクに
「地球交響曲」の監督である龍村仁さんが
出ているんですね。田坂氏とはガイア理論で
つながっているようです。

 さらに、不思議だったのは、私自身が、
ちょうど最近「地球交響曲 第二番」を
見終わったところだったということです。

 いろいろとつながっているものですね。
ということで、「地球交響曲第二番」の紹介と
感想はまた近いうちに。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
無理をしない自然な子育てや自然な暮らしに
興味ある方が多く来られています。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-30 22:54 | ライフスタイルについて

3.11から学ぶこと

 ある本を読んでいる時に紹介されていた参考文献に
田坂広志氏の本がありました。その本を読み終えて、
なぜか気になってHPをみていたら、

「東日本大震災 いま、あなたに何ができるのか」

という文字が飛び込んできました。

 少し間のびして感じられるかもしれませんが、
時間に余裕のあるかたのみ参考にしてみてください。
※1.映像はありません、文字と音だけです。
※2.詳しく知りたい方やPPTのみ確認したい方は、「こちら」





 理想論ではなく、現実を見据えて。

 仕事に限らず、自分の生き方を社会とどうつなげていくのか、
そんなことを考えさせられます。

 何か、感じるものはありそうですか?



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
自然なお産、自然な子育て、自然な暮らしを
通じてあなたらしい楽を創るサポートをしています。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-26 20:08 | ライフスタイルについて

痛みとは?

 この仕事を始めたころ、『痛み』についての説明を
うまく出来ていませんでした。そこで、

・痛みは、身体とココロのメッセージ。

・痛みは、身体全身に記憶されている。


というようなことをお伝えすることが多かったのですが、
国際疼痛学会というような世界的な学会があったりして、
ちゃんと定義されていたりするのです。

痛みとは・・・

不快な感覚性・情動性の体験であり、
それには組織の損傷を伴うものと、
そのような損傷があるように表現されるものがある。

国際疼痛学会による定義)


まだまだ、分かりにくい表現かもしれませんが、
ここでとりあえず注目をしておきたいのは、
情動、つまりはココロがやっぱり関係しているということです。

さらに、痛みが継続すると
それは記憶のようになって脳に保存されていく仕組みや、
痛みが慢性化すると、交感神経などの
他の神経系と混線状態になってしまい、
様々な悪影響を及ぼし始めることなども、
研究がなされ、いろいろと分かるようになってきています。


病院で検査をしても、異常が発見されない。
けれども、本人は、不快や痛みを感じている。

よくあるケースかと思いますが、
このような場合にも、身体だけから問題解決を
進めようとしてもそれはやはり難しいものです。


危険な状況を繰り返さないために、
「痛み」を記憶することは大切ですが、
痛みが慢性化してしまって、
日常生活に異常や支障が出るようでは、
本末転倒ですよね?


ということで、慢性痛にならないためには、
痛みを感じたら、早めに対応をしておくことがおすすめです。

自分の身体のお手入れや、
定期メンテナンスとしての施術は、
身体の異常に敏感になったり、予防にもとても役立ちます。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
腰痛、肩こり、頭痛などの慢性症状や慢性痛で
お困りではありませんか?そんな時には、「こちら」

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-23 16:25 | 体について

痛みや慢性痛のことを分かりやすく学ぶなら

痛みを知る (いのちの科学を語る)
痛みを知る (いのちの科学を語る)

熊澤孝朗 / 東方出版
おすすめ度:★★★★


 痛みのメカニズム、慢性痛、脳の可塑性などに
興味をお持ちの方が理解を深めるための入門書
としては本当に役立つ本です。

 痛みを含め身体の仕組みを現代科学の方法で、
細かく細かく分析して解明/理解しようとすると、
一般人の私たちには物事の本質が見えなくなって
しまうことが多いように思います。

 しかし、本書は痛みの理解を深めることが、
解決につながるという著者の思いが反映されて
いるようで細かすぎず専門的過ぎません。

 痛みでお困りの方にも、痛みと向き合う仕事を
している人にも、入門書としてとてもおすすめ
できる痛みのまじめな1冊です。




豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
腰痛、肩こり、頭痛などの慢性症状でお困りなら、
「こちら」をご確認または、一度ご相談ください。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-21 23:01 | 書籍(体)

再び!迷子のお知らせ

 4月に迷子のお知らせをさせていただいたところなのですが・・・

 なんと再び、迷子のお知らせです。

 今回は、迷子というよりは、連れ去られてしまったという感じです。
 研究所の入口に置いておいたプランターから、
花だけが(2つですが・・・)ごっそりと、持ち去られていました。

 夏の季節のために涼しげなブルーの花が咲く苗を
育てており、ちょうどきれいに咲き始めたころだったのですが・・・。

 残念というしかありません。

 怒っても仕方ないので、
今回も、新しい育て親のところで、
大切に育ててもらえることを祈っています。

 
 殺風景になってしまい、申し訳ないのですが、
暫くの間、プランターでのお花を入口に置くことを
中止させていただきます。

 また何か別の方法でも考えてみますが・・・・。

 何か良いアイデア、別の方法などあれば教えてくださいね!!



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
自然なお産、自然な子育てだけでなく、
無理をしない自然な暮らしをサポートいたします。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-18 10:56 | その他

体温を上げると本当に免疫力はUPするの?

 先日、久し振りに「ためしてガッテン」の内容に、
思わずなるほどを連発していました。
番組を見られている方も多いかと思いますが、
簡単にまとめるとこんな感じでした。

テーマ:体温を上げると本当に健康になるの?
(※詳しくは「大検証!体温アップで超健康の真実」)

・細胞の大部分は、たんぱく質で出来ている。

・温めると「熱ショックたんぱく質(HSP)」というたんぱく質が増える。

・HSPは、細胞のたんぱく質を修復することで細胞を強化する。
→例:野菜を50度のお湯に数分つけると長持ちするようになる。

・人間にもHSPは存在し、体温を高めることで、
 免疫力UPにも関連すると考えられている。

※番組のHPにも注意事項などが詳しく
書かれているので、よくよく参考にしてみてください。


 今回番組で紹介されていた熱ショックたんぱく質(HSP)
においてもやはり大切なのは、良い加減、バランスです。
身体を温めることでも増えるし、
ストレスにさらすことで増えることもあるのです。

 免疫には、自律神経が大きく関連していますが、
交感神経が高まりすぎると緊張が強くなり血行も悪くなる。
副交感神経が高まりすぎると血液が停滞するので良くない。
自律神経を整えるためにも、やはりバランスが大切。

 いわゆる昔からある健康法に、
熱いお湯と冷たい水を交互に利用するという方法があります。
これも結局は、極端な状況を体験することで
偏りが出来ている状態をリセットして、
バランスを整えるということをしているのでしょう。

 少し話がうまくまとまりませんでしたが、
何事も極論に走らないこと。
中庸を目指すこと。
が大切ということになるような気がしてなりません。

 中庸?
 何だかどこかでよく聴いた覚えがあるような・・・。


 運動やお風呂などを頑張って体温を上げるような
ことをわざわざしなくても、

『冷たいものを食べ過ぎない/飲み過ぎない』

これだって、立派な身体を温める当たり前ではないでしょうか?

 少しずつ暑い季節に向かいつつありますが、
自分に合った健康管理を工夫されて、
良いお時間をお過ごしくださいね。



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ/
自律神経失調症や冷え症でお困りではありませんか?

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-16 23:08 | 体について

ご褒美とお楽しみがあれば。

 桜が終わってしまったと思ったら、街にはツツジの花が
溢れていたりします。日本は本当に気候の良いところであり、
自然の豊かなところだなと改めて思います。

 通勤の途中の道路わきにもそれはそれは見事なツツジが
まとまって咲いている所があるのですが、
花が満開になったときには、ふわふわの白い雲の絨毯の
ようなかんじで思わず毎年うっとりしてしまいます。


 さて、我が家でも世代交代が進み、祖父/祖母は私にも
妻にもいなくなってしまいました。その代わりに、
子ども達が元気に成長をしており、じいちゃん、ばあちゃんたちの
楽しみの一つになっています。

 息子が幼稚園に入園するのを機会に、
育児本を読む機会が増えました。

 色んな方法の1つに、
 誉めて育てる というのがあります。

 一見良さそうにも思えたりしますが、
見かたを変えれば、条件付の愛情や接し方となると
批判されたりもします。
(例:何か出来れば、何かをしてあげる/買ってあげる)

 確かに難しい問題です。

 しかし、そこに『ご褒美とお楽しみ』があるかぎり、
やはり、子ども達はいきいきと取り組むことには
間違いありません。
 
 どのようなお楽しみを作り出すかが、
ポイントであり、腕の見せ所のように思います。


 少し話は変わりますが、高齢化の流れは止まりません。
 老化にも色んな原因がありますが、
その大きな原因のひとつは、
新しい体験や刺激が減少するために、
脳を中心とする代謝や調整システムが
衰えてしまうというのがあります。


 子どもだけでなく、高齢者にも、そして私たちにも、
『ご褒美とお楽しみ』を上手に活用することが、
やはり大切であることには変わりなさそうです。

 真面目や健康のためだけにでは、
ちょっと疲れてしまいますよね?


あなたのお楽しみは、何ですか?

豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ/
「あなたらしい楽を創る」をテーマに、
日々の暮らしの改善を応援しています。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-14 08:32 | ライフスタイルについて

脳卒中による麻痺の本当の原因とは?

 これまでにも脳とココロ、脳と身体の関係に興味があり、
勝手気ままに本を読んではいるのですが、
そこに仏教が顔を出してくることがあります。

 仏教にももちろん色々とあるようですが、
「本物はすごいんだぞ!」ということを改めて
実感させてくれるのが先日紹介をさせていただいた
『「脳」を変える「心」』という本です。

 この本、チベット仏教の指導者ダライラマと
科学者との対話をまとめた本なのです。

 仏教について少し真面目に学んでみたいという思いは、
これまでにもありましたが、この本を読んで、
その想いがさらに強くなったように思います。

 仏教の瞑想の達人や修行者が行っていることが
どれ程すごいかを科学が証明しようとしているのです。

 本の要点は、実にシンプル。

■心で感じたことや意識することが、
 脳の構造やその働きさえも変えてしまう。



 例えば、脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血の総称)による
麻痺というものがあります。

 脳卒中後のリハビリにおいても、
ココロの力と、注意力そして集中力によって、
これまでは断念されていた症状が
随分改善する事実がどんどん集まりつつあります。
(※既に日本国内でもいわゆる体験記が本として、
何冊も出版されています。)

 発症後12ヶ月を過ぎてしまうと、それ以上の改善は
見込めず、現状維持が精一杯などと言われたり、
そのように信じている人も多いかと思いますが、
そのような常識もだんだん変わってきそうです。


 では、脳卒中後のそれら麻痺がこれまでは
なぜ一般的に時間が経つともう改善しないと
思われていたのか?

 その本当の原因は・・・

続きを読む
[PR]
by happyfun120 | 2011-05-12 22:29 | 体について

アテンション・プリーズ!!

「脳」を変える「心」
「脳」を変える「心」
シャロン・べグリー / バジリコ
おすすめ度:★★★★


 本書の特徴は、脳の可塑性について科学的な
研究結果にこだわって紹介されている点。
(※動物実験中心などではなく、実際の
臨床現場でにも応用出来るような内容であること。)

そして、神経可塑性の可能性を脳卒中患者、
視覚聴覚障害、強迫性障害、うつ病などへの
活用だけではなく、これらの疾患を持たない
普通の人の脳と人生に変化をもたらす可能性と
展望についてもきちんと紹介している点です。

 脳の可塑性を中心に、脳と心の関係について
ダライ・ラマと神経科学者との対話を科学
ジャーナリストが紹介する形で書かれているので
難解にならないように分かりやすく、そして、
飽きさせないように上手く書かれています。
(読み切るのには少し苦労するかもしれませんが)

 参考文献もしっかり紹介されているので、
脳と心の関係に興味を持つ人には、
申し分のない1冊になっているかと思います。

 脳の可塑性の恩恵にあずかるためには、
意識を向けることの大切さをこれでもかと
いうくらいに納得させられる本でもあります。

 改めて歴史ある本当の仏教のすごさや、
「昔の叡智は未来の科学」ということを
実感させてくれます。



豊中で整体・カイロをお探しなら創楽カイロ/
脳の可塑性に注目した耳鳴りや難聴、
強迫性障害やうつ病の改善に取り組んでいます。

[PR]
by happyfun120 | 2011-05-08 08:24 | 書籍(ココロ)