<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

根っこの部分は変わらない

 8月の最終日にも関わらず、残暑が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?
 今日は、野菜の日というのをご存知でしたか?
や=8、さ=3、い=1 いろんな記念日があるものですね。

 さて、我が家のネタになるのですが、
8月末に2人目となる女の子が元気に無事産まれました。
いろいろと気にしてくださっていた皆様、
本当にありがとうございました。

 体調管理に気を付けながら、
暑い夏を過ごしながら、お産をしてくれた妻には
心から感謝します。妊娠期中とお産よりも大変なのは、
産まれてからだと思うのですが・・・、
出来る範囲でサポートしていきますので、
これからもよろしくお願いします。

 創楽カイロのテーマに、

・妊婦さんと産後のお母さんのサポート
・不妊の体質改善
・家族と子育て


があるのですが、おかげさまで
2人の子供を実際に育てる経験に恵まれたことで
より現実的な視点から活動も行っていけるのでは
ないかと思っています。


さて、話題を元に戻しますが、

続きを読む・・・
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-31 07:42 | ライフスタイルについて

セックスと愛に疑問を感じるならば!

セックスしたがる男、愛を求める女
セックスしたがる男、愛を求める女
アラン・ピーズ / 主婦の友社
おすすめ度:★★★



 パートナー探し中の人やパートナーとの関係を
見直したい人、そしてセックスと愛に疑問を感じて
いるならば本書も興奮して楽しめるかもしれません。

 前作の「話を聞かない男、地図が読めない女」では、
ずいぶんと勉強になることが多かったのですが・・・
時間が経過して、私自身が結婚→子育てと環境が
大きく変化したのと、脳(科学)とホルモンを含めて
男女の違いを認識させることが一般化したためか、
本書ではそれ程面白さと興奮を感じませんでした。

 しかし、セックスと愛、どちらも健康ですこやかに
生活するためには避けては通れない問題。セックスと
愛に、少しでも不満を感じている人には、参考になる
ヒントや自分の勘違いに気付かせてくれるきっかけが
得られる可能性はあるはずです。

「理想的な浮気、そんなものはこの世には存在しない」
というような大切な教訓もしっかり本書で学べます!
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-30 06:55 | 書籍(ココロ)

自然なお産と安産を目指す人へ

マタニティ・ヨーガ安産BOOK
マタニティ・ヨーガ安産BOOK
きくちさかえ / 現代書館
おすすめ度:★★★★



 男性の私のコメントは参考にならないかと
思いますが、お許し下さい。
本書はシンプルだけれでもとても満足感の高い
一冊に仕上がっているように思います。

 お産に関連して、本当に大切なことが
さりげなく所々で紹介されているのが一番の
魅力です。自然なお産を大切にされている
著者の想いが上手く表現されているように
感じます。

 ヨガが始めての人もDVDが付いているので、
大まかな感じややり方も分かるはずです。
ただし、DVDは本書全てを紹介している訳では
ないので期待し過ぎないのが良いです。

 自分からしっかりお産と安産に向けて、
取組みたい妊婦さんにおすすめです。  

追記>>
 妻は1人目は助産院、そして2人目は自宅出産
でしたが、どちらもとても安産でした。
 1人目の時からヨガにも取り組んでいた
おかげで2人目などは本当にあっという間に
お産が終わったという感じでした。
 もちろん、ヨガさえすればよいとういような
ことではありませんが、本人もヨガは自分の
状態管理にとても役立ったと言っていました。
(2010/08)
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-26 06:38 | 書籍(体)

原理はよく分からないけれど・・・

 改めて、残暑お見舞い申し上げます。

 本当に暑い日が続いているのに驚きます。
熱中症などにはくれぐれもお気をつけ下さい。

 先日の新聞には、猛暑が続いていたロシアでは
初雪が観察されたなどとも書かれており、
なかなか季節の変化は予想しにくいものですね。
(※予想ということに関して・・・・
もう少し我慢すれば、秋がやってくるというような
予測はつけられるものですが、為替相場などは
さらに分からないものです。この円高一体いつまで続くのやら。)

 さて、自分の勉強のまとめとHPのコンテンツを
追加する目的でHPに「学びの部屋」というのを作りました。
誕生したところで中身はまだないのですが・・・・。
(少しずつ追加していきますので、お待ちくださいね。)

 最初に取組んだ「アレルギー」に関しても、
調べれば調べるほど、結局はまだその原理が
十分に分かっていないことに気付かされます。

 いろんな仮説や(一方的な見方から作られた)データが、
いろんなことを証明しているわけではありますが、
本当のところや原理は、まだ十分分かっていないようです。

 しかし、今回アレルギーに関して(も)自分なりに感じたのは、

■動物として体を動かすことが身体の基本設計
■空腹が基本の状態

 →断食で症状が改善することはあっても、
  食べ過ぎや過剰な栄養で症状が改善することはほとんどない。

つまり、

■普段からなるべく身体を動かす。
■普段からなるべく食べ過ぎない。


 まずはこのことをしっかり守ることが、
アレルギー症状の改善にもつながる
健康のための基本のルールであるということ。

 思考や感情と関連した脳と心の管理と合わせて
運動と食べ物といった日常生活を見直し
少しずつ修正をして行くことが、
遠回りのように見えても根本解決に繋がって行きます。


 現在、創楽カイロでは普段の暮らしの中で、
サプリメントや健康食品などに頼らない
「無理せず行える体質改善」にも取組んでいます。
興味ある方、是非ご相談下さい。

 自分の身体で、実験をしてその成果を実感してみませんか?

  
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-24 07:15 | 体について

単純化思考への警告

アレルギーはなぜ起こるか (ブルーバックス)
アレルギーはなぜ起こるか (ブルーバックス)
斎藤博久 / 講談社
おすすめ度:★★★


 アレルギーや免疫に関しては(も)、
「○○に対しては■■が有効」などというような
単純な図式があてはまるわけではないことを改めて
痛感させてくれる良書です。

 食物アレルギー、子どものアレルギー、喘息、
アトピ―性皮膚炎などに関して免疫と言う視点から
研究成果を丁寧に考慮した解説がなされています。
しかし、それでも免疫の全体像と細部のバランスは
難しいものがあり、免疫に関する基礎知識が十分
しっかりしていないと、読み進めるのが苦痛になる
かもしれないのでくれぐれも注意が必要。ただし、
丁寧に読み直すと、理解が深まるはずです。

 ステロイド剤や薬の使用に関しても、副作用を
誤解したり効用を理解しないまま「自然が良い」
という理由から拒否する姿勢に注意を促します。
(私たちの文明社会が既に自然から大きくかけ離れ
ていることを理解していないと。またその状態で
自然=最高かつ最適とするのは滑稽であると。)

 分かっていないこともまだまだ多く、不確実な
情報に振り回されず、極端なことをしないのが
良いという著者のスタンスにも好感が持てます。

 繰り返しになりますが、免疫の基本を理解して
いる人が理解を深めるのに役立ちます。
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-23 06:11 | 書籍(体)

思わずガッテンしたくなりましたが・・・

NHKためしてガッテン こうすればアレルギーは防げる (ビッグコミック・ブックス)
NHKためしてガッテン こうすればアレルギーは防げる (ビッグコミック・ブックス)
NHK科学環境番組部 / 小学館
おすすめ度:★★★


 マンガを利用してとても効果的にアレルギーに
関する理解と具体的対応のアドバイスを提供して
くれる良書です。内容は、
・食物アレルギー
・子どもの食物アレルギー
・アトピーのメカニズム
・アトピー対策
・花粉症の対処法
・アレルギー体質の改善
についてです。

 本当に分かりやすく、しかもバランス感覚が良い
ので思わずガッテンと☆5にしたかったのです。
しかし、素人的な疑問で申し訳ないのですが、
少し気になることがありました。

1つめ:ステロイド剤の副作用について、
誤解を招きかねない表現になっていること。
(ステロイドを敵視しているわけではありませんが、
3ヶ月以上利用の場合については、たとえ外用でも
副腎皮質の機能低下や副作用は無いとは言えない
はず。故に十分注意が必要です。)

2つめ:子どもの食物アレルギーの原因が子どもの
消化能力が低いためとしているにも関わらず、
マンガでは母乳ではなくミルクを与えていること。
(母乳育児至上主義ではありませんがなぜミルクなの)

3つめ:アレルギー体質の改善に関してもT1とT2だけ
ではないことが分かりつつあること。
(免疫分野は展開が速いので、常識が非常識に変わる
ことも多く、なるべく最新の情報も参考にするのが
良いため)

 偉そうに☆3としてしまいましたが、一般的な
生活をしている人にはアレルギーに関して間違いなく
理解と対応能力を高めてくれる良書です。
おすすめです。
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-20 06:22 | 書籍(体)

30代までに読んでみて下さい

女は男のどこを見ているか (ちくま新書)
女は男のどこを見ているか (ちくま新書)
岩月謙司 / ちくま新書
おすすめ度:★★★★



 30代後半になる前に改めて本書を読み直して
みましたが、色々と参考になることに気付きました。
「女にモテたい」,「女を抱きたい」というような
動機が大きすぎると本書を読んでも、あまりぱっと
しないかもしれません。
 しかし、「自分の生き方」や「自信と誇り」とは、
という視点で読まれると得ることが多いと思います。

 裁判と事件のために、偏見をもたれる方もおられる
かもしれませんが、それでも多くの観察からまとめ
上げた鋭い洞察はさすがです。裁判と事件に関しては、
さすがにまずかったと思いますが、本書を読めば裁判や
事件に対して岩月氏がとられた行動の意味も納得できる
ような気がします。

※本書で紹介されている、知恵と勇気と英雄体験などの
表現は誤解されがちですが、それでも本書は納得できる
点が多いはずです。30代になるまでに、そして子育てを
する時にも参考になります。
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-18 07:24 | 書籍(ココロ)

「病気さえ治れば」という妄想

 立秋を過ぎ、65回目の終戦記念日を向かえ、
そしてお盆も終わろうとしています。

 テレビや新聞やいろんなメディアで、
そして家族や親類が集まったこの時期に、
少し大袈裟かもしれませんが「戦争と平和」や「生と死」
について話題にされた/なった方も多かったのではないでしょうか?

 お盆は、先祖や死について家族みんなで考える良い機会
なのだろう思いますが、最近は「病気と老い」が身近な問題として
取り上げられることが多く、「死」とどのように向き合うかが、
新たな課題となっているという指摘もなされていました。
※↑8/15の讀賣新聞の宗教思想家山折氏の記事↑。

 確かに日本の社会や特に医療においては、
「病気さえ治れば」という考え方が強いような気がします。
しかし、病気が治った時には、どう生きるか、どう死を迎えるか、
というより本質的な問題に向き合わざるえないことを
考えると、やはり「病気さえ治れば・・・」というのは、
妄想なのかもしれません。

 平均寿命が延びることは、喜ばしいことばかりではないのは、
あえて言う必要もないかとは思いますが、
いつ死んでも良いために、今出来ることはできるだけ
やっておきたいなと改めて思います。

 あなたが今したいことは何ですか?
 あなたが今出来ることは何ですか?
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-15 22:13 | その他

僕は僕。近代という全体主義社会にご用心。

近代という病いを抜けて―統合失調症に学ぶ他者の眼差し (Psycho Critique)
近代という病いを抜けて―統合失調症に学ぶ他者の眼差し (Psycho Critique)
仲野実 / 批評社
おすすめ度:★★★


 様々な引用を多用しながら展開される本書を
文学にも映画にも疎くムツカシイ文章が苦手な
私が読んで理解するのは正直苦痛でした。しかも、
内容や構成も一見ばらばら。(だと当初感じられた)

 それでもあきらめずに、最後まで読んでみると、
近代という全体主義社会のなかで、
「私は私でよいのだ」とうい実感を持てるように
なるためのヒント、自分と社会/世界との関わりを
見直すヒントがなんとなくぼんやりつかめるように
なった気がする。(錯覚かもしれませんがそれでOK?)

 治療的なことが学べるわけでは全くないかも
知れませんが(故に少し注意が必要)、自分の大きな
偏見や「満足感」を感じられない原因に気付ける
ようになるかもしれません。
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-06 06:42 | 書籍(ココロ)

たしかに、これでいいのかも。

DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。
DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。
伊藤絵美 / 医学書院
おすすめ度:★★★



 認知行動療法の理解を深めるためにこのDVD+BOOKを
利用しましたが、このようなやり方やあり方も
ありなのかと「べてるの家」には正直少し驚きました。
(べてるの家の活動を知らない方はまず、関連書籍が
たくさん出ているので何か読んでおくともっと本書を
楽しみながら活用できると思います。)

・セラピストのやり方は一方的(エゴ)ではないか?
・クライアントの日常にしっかり繋がるか?

などの基本を改めて確認させてくるだけでなく、
映像によって実際に、ケアに関わるリーダーたちが
どのように振舞っているかを学ぶことが出来る
貴重な資料の一つだと思います。

 グループでのセッションなどをしていない
カウンセラーやセラピストには、今ひとつピンと
こないかもしれないかもしれませんが、
この本や映像を見ていても、やはり人は人や社会
とのつながりで支えられ(癒さされていく)ことを
改めて痛感します。

 それにしても、映像に出てくるリーダーたちの
立ち居振る舞いは見事です。明るく楽しく「問題」
に取組みたい人必見です。
[PR]
by happyfun120 | 2010-08-05 06:28 | 書籍(ココロ)