<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

普通の人は、勝間和代を目指さない?

 早起き生活をしていると朝の空気がすっかり涼しく
なっていることや太陽の昇り方が随分と
変わってしまったことに気付かされます。
イヌを散歩されている方や散歩を習慣にされて
いる方なども季節の変化を同じように肌で感じられて
いるのでしょうね。

 さて、私にも色々と好きなことがあるのですが、
好きなことの一つに新聞の書籍紹介の広告欄を
見るということがあります。少し前になりますが、
思わず笑ってしまったと言うか、妙に納得をしてしまった
1冊が紹介されていました。

 こちら。→「しがみつかない生き方「ふつうの幸せを
手に入れる10のルール」/香山リカ


 この本の紹介見出しにあったのが、
・勝間和代を目指さない
という本書の内容の1つでした。

 精神科医の香山さんの書籍は、確かまだ一冊も
読んだことはありませんが、この本を含めていつか
読んでみたいなと思いました。

 これまでにもブログで「持たない暮らし」やシンプルライフに
関連するような「わたし時間のつくり方」などの金子さんの
書籍を紹介させてもらってきましたが、
今一度自分が本当に求めているものは、
一体何なのか?ということを自分自身に
問いかけてみても良いのかもしれません。

 「勝ち組・負け組み」のように極端な判断基準、
世間一般の常識や時代の流れにも流されないような
「自分のものさし」というものを少しづつ作り上げて行く、
そんな作業を私自身は今取組んでいるようにも思います。


 8月も終わり、夏もそろそろ終わりに近づいてきたように
思います。夏の疲れが出ませんようにお過ごし下さい。

 この夏は、暑中お見舞い・残暑お見舞いを
出さずじまいになってしまったことお許し下さい。

 近いうちに改めて近況報告を兼ねたご連絡が
出来ればと思っています。お楽しみにお待ち下さい。
[PR]
by happyfun120 | 2009-08-31 06:38 | ライフスタイルについて

普通の人が幸せになるためのヒント

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方

金子 由紀子 / アスペクト

スコア:

 「持たない暮らし」に強く共感したために、同じ著者の本書を
読んでみました。「持たない暮らし」に比べるとインパクトが
少し弱かったようにも感じますが、それでも改めて読み返すと
「生き方」に関するさりげないけど深い内容であることが実感
出来る一冊でした。

 本書は、成功よりも幸福を求める普通の人にはとてもおすすめ
できます。(大きな成功を求める人のためではなく、普通の人が
求めているものが「何かに追われているような、セカセカした
気持ちをなくす」ことであると説明してくれているあたりは、
とても共感出来るところでした。)

 恥ずかしながら、私自身は「時間はいくらでもあるんだ」とは
まだまだ言えない状態ですが、習慣の力を利用して、少しずつ
自分のペースで取り組んでみようと思っています。

 金子さんの本は、いつもシンプルで素敵な視点と内容に
仕上がっているように思います。きっと、普通の人にこそ
おすすめの1冊です。


[PR]
by happyfun120 | 2009-08-25 18:18 | 書籍(ライフスタイル)

自己実現の違ったみかた?

 先日紹介をさせていただいた岩月先生の「家族のなかの孤独」には、
本当に参考になる人間関係の原理原則が紹介されています。
その中でも特に強調されていたことを私なりに取り上げてみると、

■人間関係の問題は、幼時期における親からの愛情、
 やさしい眼差しに満たされたかどうかに行き着くこと。

■自分の悦びのために努力をすることが、
 自分の人生の主役になる方法であること。


という2点になります。

 今回は、2つ目の「人生の主役になる方法」について、
私が本から学んだことを少しだけ紹介させていただきます。

 実は、私自身どうも「自分の悦びを追求する」ということに対して、
これまで違和感を持ったまま過ごしていました。

自分の悦び=それ程良くは無いこと
勤勉がもたらす他人への悦びや奉仕=良いこと

のような感じです。
しかし、これでは本当に幸せにはなれないということに
改めて気付かせてくれた点で、岩月先生には本当に
感謝をしています。

「自分の人生の主役になる方法」という言葉を
聞いたときに米国の心理学者マズローが用いた
自己実現を思い浮かべた方もおられると思います。
岩月先生の解説は、これまでの私の理解の方法とは
少し違っていましたが実に納得の行くものでした。

自己実現している人の生き方とは・・・
(以下、「家族のなかの孤独」から引用)

続きを読む・・・
[PR]
by happyfun120 | 2009-08-23 17:48 | ライフスタイルについて

父親の小言と冷酒は後で効く!?

 お盆が近づき故郷に帰省して過ごされる方も
多いのではないでしょうか?

 梅雨が空けたと思っても雨や台風が多かったり、
今朝は地震もおこっていたりと・・・
何だか変な気候が続いているようにも思います。
しかし、どう考えても自然には逆らえないし、
色んなことが起こりうるのが自然界の常識の
ようです。

 街で暮らしていると、時刻表を気にしなくても
電車は5~10分間隔でやってきたり、仕事や
予定もほぼ計画通りに進んでしまうような錯覚を
抱きがちです。けれども、田舎では時間の流れ方が
違って感じられたり、自然と一緒に暮らしてきた
人達からは、自然の知恵についてたくさん教えて
いただくことが出来るものです。

 お年寄りに限らず、子育てを終えて第2の人生、
第3の人生を歩まれている世代の方々は、
色んな意味でやはり人生経験が豊富です。
帰省の際には、話に改めてじっくりと耳を傾けると
何か自然の知恵や人生の知恵に触れるかも
しれません。試してみてくださいね。もしくは、
色んなことを伝えてあげてくださいね。

 私も現在、義父から色んなことを学んでいます。
義父は、退職後も実に積極的に活動をされています。
(少し広めの無農薬の家庭菜園や地域の活動、
そしてアルバイト言いながら仕事を継続したりと)

 そんな義父から繰り返し言われているのは・・・・

続きを読む・・・
[PR]
by happyfun120 | 2009-08-11 06:18 | ライフスタイルについて

人間関係の原理原則

家族のなかの孤独―対人関係のメカニズム

岩月 謙司 / ミネルヴァ書房

スコア:

岩月先生の本はこれまでにも何冊か読ませて
いただいておりますが、どれか1冊おすすめを
選べと言われれば恐らくこの本になると思います。

 少し古い本かもしれませんが、この本からは
人間関係の原理原則を改めて学ばせてもらった
ような気がします。人間のドロドロした部分
にもズバリと明確な解説をしてくれる所などは
本当に素晴らしいと改めて感心しています。

 家族関係に関心がある人だけではなく、

・自分の悦びを追求することに抵抗がある人
・普段の生活に安全と楽しさが感じられない人

が本書を読まれてもきっと目からウロコが
何枚か落ちるような気がします。

 騙されたと思って、一度読んでみて下さい。
 きっといつまでも本棚に残る一冊のような
気がします。(岩月先生の本は同じような内容
が多いために☆4にしていますが、初めて
読まれる方には、きっと☆5以上の価値が
あると思います。おすすめします。)


[PR]
by happyfun120 | 2009-08-02 05:35 | 書籍(ココロ)