<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自分の心に問いかけることから始めてみよう。

相邑美佐江のヒーリングデザイン―衣食住をデザインする
相邑 美佐江 / / 文芸社
スコア選択: ★★★

本書では自分の本質(能力やパワー)を最大限に発揮
できるのは、自分が本当に望んでいる物や状況に空間
にいる場合であり、それらが本当に合っているかどうかを
見極めるためには安心感を抱けるかどうかで判断すれば
良いということを繰り返し丁寧に説明してくれています。

 衣食住に限らず仕事やパートナーなどについても、
具体的なアドバイスが提示され、基本的な考え方が
分かればあとは自分で何でも取り組めるようになって
います。

 アドバイスや基本となる考え方は、良く考えると
あまりにも当り前で、目新しさなどは無いかも知れま
せんが、直感や本能などを通じて、やはり答えは
自分の中にあることを再確認させてくれます。直感や
本能などを再度見直す良いきっかけにもなるはずです。
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-28 07:48 | 書籍(ライフスタイル)

連鎖反応はどこまでも。

 少し前の新聞記事(讀賣新聞2008/6/15)の鎌田先生の
連載記事に「あったかな連鎖をおこしたい まずは実践」という
のがありました。そこにはこんなことが書かれていました。

-引用開始-
 911事件以降世界が変わり、やられたらやり返すという
ギスギスした流れが蔓延している。しかし、温かな行為が
温かな連鎖を生み出すことだってある。
 小さな温かさは温かさの連鎖を起こしながら、許しあったり、
理解しあったりするのだろう。ちっぽけな温かさは何にも
ならないと思わずに、一人ひとりがまずは小さな温かさを
実践すること。それが必ず連鎖を生んで行く。

-引用終了-

 そんな思いで「雪とパイナップル」という絵本を書かれたそうです。


 子育てをしていると絵本によく出会います。
「雪とパイナップル」私も読んでみたいなと思います。

 この記事を読んでいてふと思い出したのは、
映画ペイフォワードでした。
子どもたちの夏休みが始まりました。
子ども達と一緒にこんなことを考えてみるのも
良いかもしれませんね。

 自分からはじめる、連鎖反応はありますか?
 何を伝えていきますか?

・人に笑顔で接する。
・良い言葉/楽しい言葉で人と話す。


これだって自分から始められるとても素敵な連鎖反応ですよね?


できることから、始めよう。
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-24 08:16 | ライフスタイルについて

老いは怖くない 目標を失うのが怖い

「長生きを目的にしない。健康を目的にしない。
 それが私の健康法です。」

「無理は続かない。続かなければ効果はない。
 楽しみながら、少しずつやればよいんだよね。」

「精神力だけでは、目標は達成できません。
 結局、体力を養う工夫を、普段からどれだけ出来るかです。」


 2008年5月、75歳で再びエベレスト登頂に成功した
三浦雄一郎氏の考え方。

以上、あるサプリメントの広告に掲載されていた内容を引用。

 すごく当り前のように思えることかもしれませんが、
言葉の重みがやはり違うように感じられてなりませんでした。

 つい先日も医療費が過去最高の勢いで更新されていることが
新聞などでも紹介されていたかと思いますが、長生きすることの
リスクがますます身近に感じられるようになるかもしれません。

 先週末病院にお見舞いに行くことがありましたが、
何のために、どう生きるということを再確認させられます。
失って初めて分かるものは色々とあるかと思いますが、
ある一線を越えてしまうともうそれは回復/修復が不可能な
ことも多々あります。

 だからこそ、今健康で生きている/生かされているということを
改めて感謝しながら、もう一度三浦さんの言葉を自分なりに
考えてみようと思います。

 「目標を持つこと」「楽しむこと」「継続すること」 
どれも何かをする時に一番大切なことのような気がします。

 
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-22 08:11 | ライフスタイルについて

ストレッチもいいけど、ゆる体操もGood!

 自分の体のメンテナンスは、やはり自分が行うのが基本です。
 体という面からみると、ストレッチは気軽にいつでも、どこでも
ささっと出来るのでとてもおすすめの一つだと思います。もちろん、
それ以外にも色んなものがありますが、今回は「ゆる体操」という
のを少しだけご紹介させていただきます。(これは運動科学研究所
というところのものなのですが、DVDや書籍、そして体操教室など
もありますので興味ある方は参考にしてみてください。
私も何年か前に何冊か読んだ記憶があります。)

 この「ゆる体操」何が良いかと言うと、ストレッチ以上に気楽に
そして、体をゆるめることつまりリラックスを目的にしているという
点です。体の不調は体の緊張がUPしていることから考えても
体をゆるめるという視点は、とても魅力的だと思っています。

 実際にもっとも簡単で誰でも出来る体操を3つご紹介させて
いただきます。(参考:2008/6/6 よみうり健康新聞P.2より)

続きを読む・・・
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-19 09:45 | 体について

恐怖に煽られずに、冷静に行動するのも必要。

H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ! (角川SSC新書 12)
岡田 晴恵 / / 角川・エス・エス・コミュニケーションズ
スコア選択: ★★★

 本書は、新型インフルエンザの基礎情報の収集には、
とても役立つ一冊です。
 パンデミックが発生した際に、社会混乱に自分が加担
しないための方法や一般家庭で出来る対策方法の基本
などが一通り分かり易く具体的に紹介されています。
(もちろん、そもそもH5N1とはなんぞや?から始まって)
 家族と話し合いながら、万が一の際を予測し、自分達は
何を何処まで対策をするのか?もしくは、何はやらない
のか?などを決める良いきっかけになるかと思います。
 とにかく分かり易く一通りのことを学べるように
なっているので、まだ新型インフルエンザのことを
今一つ分かっていない人にはおすすめ出来ると思います。

 インフルエンザに限ることではありませんが、
・自分の身体の免疫システムを高める方法を考える。
・家族で災害を乗り切る方法を共有する。
・地域社会や仲間との繋がりをしっかり作っておく。
ということが、やはり大切なことのような気がします。

 ただし、パンデミックに関しては注意も必要です。
恐怖や不安という情報に煽られて、過剰な反応を示す
ことは控えなくてはならないということです。911事件
ではテロの恐怖がネオコンによって作り出されたやらせ
(自作自演)であったように!
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-14 07:36 | 書籍(体)

まさか!腸は第二の脳。

 暑さが本格的になってきましたが、ついつい冷たいもの、
そして甘いものが欲しくなってしまうものです。しかし、
冷たいものや甘いものが直撃する腸・内臓のことを少し
知ってしまうと、冷たいものや甘いものを少し控えることを
意識するようになるかもしれません。

 というのも・・・

 身体が幸福感に包まれている時と、
             腸が快適である時は一致している。


ことが実験結果からも分かっているためです。

 確かに誰だって、便秘や下痢の時には、
快適でないですよね。すごく当り前かもしれませんが。

 だから、お腹の環境のことを考えて、冷たいものと
甘いものを控えれば控えるほど、幸福感を味わえる
可能性が高くなるのです。(冷たいものと甘いものの
影響はまた別の機会に!)

 しかし、腸が身体の幸福感に大きく影響を与えている
だけに話は留まらないのです。ということで、今回は
久し振りに少しまじめな腸・内臓のお話です。
(興味のある方だけ続きをどうぞ。)

続きを読む・・・
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-13 21:50 | 体について

CO2による地球温暖化を疑う

 七夕です。星に願いをということで、どんなお願い事をされましたか?
 我が家でも笹はなかったのですが、ベランダの植木に短冊を付けて
お願いをしてみました。

 さて、いよいよ洞爺湖サミットが始まります。話題や問題はいつの
時代も山積みというのは変わらないかもしれません。しかし、少し
これはちょっと怪しいのではないかという疑問を持っているのが
CO2による地球温暖化が注目され、その解決方法として排出権
という概念が設定され、それがビジネスとして取引されているという
ことです。

 一見すると途上国にも先進国にもメリットがあるような錯覚を抱かせて
くれますが、これは恐らく幻想で、結局は一部の国というより、世界の
経済を動かしている一部の人達だけが儲ける仕組みになっている
気がしてなりません。

 つい最近までは、「テロとの戦い」とうい恐怖概念を世界にばら撒いて
戦争を起こすことで経済を潤わす戦争経済が行われていました。
それが終わったというか、その作戦が失敗(アメリカの自作自演)だと
いうのがバレれば、今度は「環境破壊」というキャンペーンを利用した、
経済というより一部の人たちが儲かる仕組みのための大作戦です。

 確かに自然環境が破壊されていることやそれが私達人間の活動が
大きな引き金となっており、原因であることには間違いないと思います。
これに関しては、限りある資源の地球を利用させてもらっているという
考え方を忘れずに、一人一人が出来る範囲で自然環境のことを
考えた生活を実践して行くことが求められているのは私たちの義務
かもしれません。

 しかし、例えばCO2による地球温暖化という問題一つにしても、
テレビや新聞が伝えるような全ては人間の経済活動が原因である
というのは本当なのでしょうか?既に世の中には水だけで走る
自動車なども開発されているのに、それが広まることはありません。
実用的な段階であるにもかかわらずです。何故でしょうか?
 一方的にテレビや新聞で伝えられる内容はちょっとおかしく
ないでしょうか?テレビや新聞が誰かに管理されているということは、
ないのでしょうか?

 2001年の9.11事件が戦争経済を引き起こすための自作自演で
あったことを知ってしまった後に、世界や経済はどう動いているのか
を調べているうちにこれまでには全く考えもしなかったような仕組みや
仕掛けがあることに疑問を持つようになりました。
 例えば・・
 次期アメリカ大統領選挙は大イベントとして行われていましたが、
オバマが勝つのはもう決まっていたということ。そして、現在も下がり
続けているアメリカ(そして日本も)の株価も1万ドルを割って行くことは
もう決まっているということ。

 こんなことは知らない方が良いのかもしれません。しかし、必ずしも
私達が見ている世の中の常識は、必ずしも常識ではないということは、
少し知っておいて方が良いのかもしれません。

 話が随分と飛んでしまいましたが・・・・、
環境破壊や温暖化に私たちの欲望と毎日の生活が関与しているのは
事実です。事実は謙虚に受け止めて、無理をせず出来る範囲で、
出来ることに少し注意しながら、毎日を過ごして行きたいなと思うし、
まずは自分で出来ることから始めてみようと思います。


※補足:
 このブログでは、政治・宗教・お金などは、できるだけ話題にしない
方針としていますが、どうしてもこれはちょっとおかしいぞという警告が
頭の片隅から離れなかったために、今回はこんな記事になってしまい
ました。
 興味がある方は、
「ベンジャミン・フルフォード」、「副島隆彦」、「レンタルの思想」などを
ちょっとネットで調べてみて下さい。何が起こるか?
 責任は持てませんので、自己責任でお願いしますね。
[PR]
by happyfun120 | 2008-07-07 07:34 | ライフスタイルについて