<   2007年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

母乳育児の入門書ならこれに決まり!

おっぱいでらくらくすくすく育児―母乳の方が楽だった?!
金森 あかね / メディカ出版
おすすめ度: ★★★★


 母乳育児の入門書はきっとたくさんあるでしょうが、
多くの書籍は母乳育児の素晴らしさを紹介することを中心とした
教科書的な内容になっていることが多いものです。
 しかし、本書では「お母さんが楽する」という視点で、
母乳育児が紹介されているのがスバラシイ。(だって、
楽しくなくっちゃ続かないですね?頑張る母乳育児って、
何だかおかしいですよね?)しかも、ハウツーだけでなく、
誤った母乳育児の偏見を解消するための説明も歴史や
科学的な実験データの結果などを利用しながらなされています。

 イラストも豊富で、分りやすく、読みやすく、
母乳育児の入門書としては最適な一冊かと思います。
・忙しいお母さん
・あまり本を読むのが好きでないお母さんやお父さん
・誤った固定観念を持っている一昔前の世代のご両親
には、まさにピッタリの一冊かと思います。
 本書を読んで興味を持たれた方には、是非
「だれでもできる母乳育児」を読んでいただきたいなと
個人的には思います。

 私は男なのでこの本で紹介されている方法で
おっぱいをあげることは出来ませんが・・・
もし、自分がお母さんで楽に母乳育児が出来れば、
本書の評価はきっと☆5つにするだろうなと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-28 21:41 | ライフスタイルについて

やるべきときに、やる場所にいて、やるべきことをしっかりする。

 我が家には、テレビが無いので、どうしても見たい番組がある時だけ、
パソコンで録画をしてテレビを見ています。先日久し振りにどうしても
見たい番組があり、これまた久し振りに感動して少し涙してしまいました。

 プロフェッショナル 仕事の流儀 第65回
        「背伸びが、人を育てる  校長・荒瀬克也」

 人をどのようにしてやる気にさせるのか?
 というのは、カイロの仕事をしていても最大の関心事の一つです。
結論からすると、「本当に知りたい・やりたい」という気持ちを持たせることが
大切であり、そのためには自分は何が本当にしたいのかを問いかけることが
不可欠である。そして、教師は黒子に徹して、最大限のサポートをすることである。
というのが番組の内容でした。

 
 結果が見えないときには、誰しも不安になるものです。
そんな時に「やるべき時に、やるべきことをしっかりやる。」という、
この言葉がずっしりと胸に響いてきました。

 人は一人では頑張ることは出来ないかもしれないけれども、
応援してくれる家族や仲間がいるおかげで頑張れるんだと思います。
パートナー、仲間、そして、家族と良い関係を作れるというのは、
何よりの財産であり、宝のような気がします。

 私を支えてくれている、多くの人に本当に感謝だなと思いました。
いつもいつも、ありがとうございます。



※もう少し、今回の詳しい解説を知りたい方は、こちらをどうぞ。
日経ビジネスオンライン:「茂木健一郎の超一流の仕事脳」

 この番組が良いらしいことは、S・Kくんや姉などから聞いていたのですが・・・・
これからは、ちょっと注意して番組を確認しておくようにしようと思います。 
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-28 21:39 | その他

なぜ赤ちゃんは未熟で生まれてくるの?

 先日紹介させていただいた「赤ちゃんがピタリ泣き止む・・・」の
著者であるガープ博士によると、
赤ちゃんが未熟で生まれてくるのは、人間は脳が発達し、
頭が大きくなったために本来よりも3ヶ月早く生まれるようになった。
(大きくなりすぎると、骨盤から出て来れなくなってしまいますよね。)
 脳が発達したのは、人間にとって大きくて賢い頭を
持って生まれることが生存競争に有利だったため。
と紹介されています。

 脳科学の研究が進むにつれて、確かに赤ちゃんの脳は生後3ヶ月で
大きく変化するのは事実のようで、この事実と上手く関連付けて
説明をしているなと関心させられます。
 
 何を持って生存競争を有利とするのかは難しいですが、
人は一人では生きられない故に、社会と上手く関係が持てることと
考えるならば、コミュニケーションがやはり大切な気がするのですが、
如何でしょうか?

 赤ちゃんが未熟で生まれてくる理由や、人間が脳を発達させた理由は、
またまだ仮説の段階にすぎないので、いろいろと想像してみるのも
楽しいかもしれませんね。
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-27 23:18 | 体について

生後3ヶ月までに読んでみよう!

赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ
ハーヴェイ・カープ / / 講談社
スコア選択: ★★★

生後3ヶ月までに赤ちゃんがどうしても泣き止まず、
ほとほと困り果ててしまうことはほんとに良くあります。
そんな時に、試してみる価値のある5つの方法を本書は紹介して
くれています。そのうちの何点かは、確かに一般的そうなもの
ですが、エッと驚くようなものも紹介されています。しかし、
著者の仮説に基くとなるほどときっと納得することでしょう。

 赤ちゃんを落ち着かせるためには、子宮にいた時の環境を
再現させてあげるという考え方は一般的ではありますが、
本書を読んでいて、何故シアーズ博士が紹介している
スリングが効果絶大なのかも納得できました。

 何事もそうですが、このような選択枝があるんだということを
知っていることがのちのち役立つんだろうと思います。
(試して合わなければ、採用しなければ良いだけのことだから。)
とにかく、これからお産をする方、生後3ヵ月までの育児に
取り組み中のお母さんにおすすめします!
(分りやすい内容で、しかも同じことの繰り返し説明に
なっているので、忙しいお母さんにもすぐ読めますよ。)

※<追記2007/12>
 実際に我が家にも息子が誕生し、母乳育児に取り組み
始めましたが、この書籍で紹介されているような魔法などは
無いというのが良く分かりました。改めて考え直すと、
赤ちゃんを泣き止まそうとする考えがそもそも適切では
無いのかもしれません。
・何故赤ちゃんは泣いているのか?(観察力を付けること)
・赤ちゃんは泣くのが仕事?(理由がないことだってある)
を意識しながら、気長に構えて取り組む方が良いような気が
今はしています。但し、「魔法のスイッチ」を試す価値は
十分にあると思いますよ。
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-24 22:23 | 書籍(体)

食欲の秋第二弾?

 食欲の秋を刺激するような素朴な自然食レストランを
一つご紹介させていただきます。

 自然食レストラン ばんまい

 このお店も自然食や環境にこだわりを持ったお店なのですが、
豊中の直ぐ隣の池田市にあります。我が家からも自転車で
15分くらいの場所にあります。

 平日や週末のお昼少し早い時間に行くと、
人も少なくとても優雅な時間が過ごせます。
木の暖かさと自然な優しさが伝わってきます。

 年配のご夫婦が一緒にご飯をゆっくり食べられているのを
みると、こういうのっていいなぁーって思うんです。
 
 食欲の秋、ゆったりした時間の時のお出かけ如何でしょうか?
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-20 09:39 | たべものについて

科学的な研究はまだまだ続くようですが・・・

赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)
産経新聞「新赤ちゃん学」取材班 / / 新潮社
スコア選択: ★★★

国内・海外の赤ちゃんの成長・発達に関連する様々な分野の
研究結果を産経新聞が2002年に特集を組んで紹介していたものを
1冊にまとめたのが本書の内容です。1つのトピックが短めの
文章で構成されているために、確かに読みやすい内容には
なっています。しかし、あくまでもトピック紹介に留まって
いるために詳しい内容を知るためには、本書の中で紹介されている
研究者の書籍などを読んでみる必要があります。

 色々な角度から赤ちゃんの研究が進めば進むほど、
赤ちゃんの持っている可能性や能力の凄さも分ってくるようですが、
まだまだ仮説や謎が多すぎて、確定できない部分が多いのも
事実のようです。

・第二言語の早期教育は必要?
・母乳育児は大切?
などについて、偏見のない事実を知りたい方には
参考になるように思います。

 それにしてもさすがだなと思ったのは、
1.しっかりと自分の子供を観察すること
2.愛情を持って接する時間を大切にすること
3.ゆっくり時間をかけて教育すること
などの当り前のことを研究されている方達が
結論として口にしていることでした。
 奇抜なことや流行ではなく、やはり当り前、
普通、自然なことが一番大切なようです。
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-19 08:06 | 書籍(ライフスタイル)

目に見えるものが全て?

 先日、父方の祖母が亡くなりました。最近は4,5年ほど
寝たきりの状態が続いており、死因も老衰ということでした。
 祖母とは一緒に暮らしておりませんでしたが、お盆やお正月の
帰省の際には、いつも甘やかしてもらいました。私がここまで
大きく育つことが出来たのも、一つには祖母のおかげですし、
本当に色々と良くしてもらったなと感謝しています。今までありがとう。
 それから、ずっと祖母の介護をしてくれたり、一緒に過ごして
くれていたおばさんや従兄弟に感謝しています。

 人が生まれて死ぬということは、本当に当り前の生命のサイクル。
しかし、そこにもちょっとしたドラマというか、目に見えない何かが
働いているような気がしたのです。というのは・・・・

More
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-18 22:43 | ライフスタイルについて

在宅ホスピス医

 先日、鎌田先生の「鎌田實のしあわせ介護」という本を
紹介させていただいたところでしたが、今日の新聞にちょっと
気になる記事が載っていましたので、覚書にメモをしておきます。

2007年10月14日読売新聞Y&Y日曜版 「不屈のひみつ」

在宅ホスピス医:内藤いずみ

「幸せに近づく」3か条
1.人の幸せと比べない

 自分自身で幸せと思うことを考えて、それを素直に喜ぼう。
 せん望は格差を生むもと。

2.人のせいにしない

 家族関係の中でも自分の責任をきちんと自覚することが大事。
 それが思いやりの第1歩。

3.むやみに欲張らない

 単なる私利私欲は求めるほどきりがなくなる。
 末期の患者でも幸福になれることを肝に銘じたい。



 普段、伝記などを読む機会が少なくなっているので、
毎週日曜版のこのコーナーは楽しみにしています。
 誰が凄いというのではありませんが、それぞれの方が
自分なりに取り組まれている姿勢が刺激になります。

 改めて書き出してみると、「○○しない」というように
全てが否定形になっているのがちょっと気になりましたが・・・。
それよりも気になったのは、内藤さんが医師会に入らず
活動をされているということだったかもしれません。
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-14 21:41 | その他

少し疑問が残りました。

桶谷式 母乳で育てる本
小林 美智子 / / 主婦の友社
スコア選択: ★★★

本書では確かに母乳育児の方法が丁寧に、分りやすく、
一通り(初めから~終わりまで)紹介されているために、
母乳育児に取り組もうとする方にとっての入門書の役割を
果たしているのは事実です。
 しかし、母乳への手技については具体的な記載がほとんど
無いのが残念でした。また、「断乳」を一つの大切な
儀式のように紹介されている部分に関しても、他の母乳育児
の書籍や経験者の体験などを参考にする限り、ちょっと
科学的なやり方では無いような気がして疑問が残りました。

 個人的には、初めて母乳育児関係の書籍を読んでみる方には
オープンな環境を提供し、尚且つ様々な研究結果をバランス
良く取り入れた活動を展開しているラ・レーチェリーグの
「だれでもできる母乳育児」をまず参考にされることを
おすすめします。
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-14 21:22 | 体について

シンプル スリングのススメ?

 先日、スリングについて書籍を紹介させていただいたので
そのついでに少し追加のコメントをしておきます。

 赤ちゃんをだっこしたり、おんぶしたりする道具は今では
たくさんの種類が出回っています。スリングは確かにシンプル
だけれども、一見すると中に入っている赤ちゃんが窮屈そうに
見えて、赤ちゃんがかわいそうと思って利用を控えるお母さんも
おられるかもしれません。
 それにもかかわらず、スリングをお勧めしている情報が多く
あったので私も何故かなと不思議に思っていました。それが、
色々と本を読んでいるうちに、納得できるようになったのは、

・肌の触れ合い、心音、子宮の中に近い環境が安心感を与える。
そして、
・子宮の中で丸くちじこまっていた姿勢は慣れ親しんだ姿勢である。
(赤ちゃんにとってはそれ程苦痛ではないのでは?という解釈)

ということを知ったことでした。

 スリングを利用しているお母さんの声をいろいろと聞かせていただく
ことがありますが、スリングを利用するメリットの一番は、
育児が楽ちんになる!ということにありそうです。

More
[PR]
by happyfun120 | 2007-10-13 22:01 | ライフスタイルについて