<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

胃腸、内臓がなぜ大切?

 これまでにも何度も記事に書いたり、施術の際に説明を
してきたことではありますが胃腸や内臓の状態を良くすることが
何故大切なのか?について、簡単にまとめておきます。

 そのために簡単に脳の発生について再確認をすると、
生物は「口→消化器官→排泄」の構造を持つ状態から
進化してきました。そして、この「摂食・消化・吸収・排泄」を
効率良くするため、コントロールするために脳が作られ、
手足を含めた身体の筋肉を進化させてきました。

 前回の記事では、脳の中でもヒトの特徴とも言える
大脳新皮質が発達し、過剰に発火し、本能などと関連する
大脳旧皮質や脳幹の働きが抑制されているのが病気や不調の
原因になっているということをお伝えしました。
 では、両者のバランスをとる、つまり生物の本能の部分を
活性化するためにはどうすればよいかを考えると、
やはり脳が進化してきた過程を逆に辿り、胃腸・内臓の状況に
注目をしてあげることが大切になるということなのです。
 
 胃腸や内臓の状況は、食べるものや心理状態にも
大きく影響を受けるだろうことは、少し考えてもらうと分ると
思います。つまり、日常生活が大きく影響を与えるということ
なのです。しかし、困ったことにあまりに状況が悪くなり過ぎて
いたりすると異常な状況が自分にとってはいつものことである
ために異常と感じられないということが起こっている場合も
ありうるのです。
 そのためにもカイロプラクティックなどの施術により、
自分の身体の状態を確認するということはとても役立ったり
するものなのです。

 暑い毎日が続きますが、冷たいものの飲み過ぎなども
やはり胃腸に負担をかけ、免疫力を低下させることにも
つながります。何事も程々に、身体をまずは大切にして
あげて下さいね。
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-31 08:35 | 体について

大脳皮質の過剰発火が不調の原因?

 先日紹介をさせていただいた「グズな大脳思考デキる内臓思考」という本、
一見すると自己啓発のような捕え方をされるかもしれませんが、
実は脳と意識と身体の関係を考える時に非常に参考になるものです。

 いくらでも記事として紹介できそうなのですが、まずは1つ。

 現代は、非常にストレスが多い時代と言われています。
身体の不調も結局は、何からのストレス(精神的、身体的、食べ物・消化的)
に行きつくだろと思われます。では、そのストレスの更に根本と
なっているのは何かというと、どうも大脳皮質の過剰発火による
のではないか?大脳皮質が過剰に働きすぎたために、
動物として本来持っている本能が抑制されすぎているのが
不調の原因ではないのか?

 という問題提起をしてくれています。
 
 カイロプラクティックの治療を行うときにも、
実はこの基本的な考えをしっかり利用しているのです。

 それにしても、人間が発達させた大脳皮質が、
実は人間を苦しめるようになってしまっていたとは!


 昔の映画には、人間が楽をするために、便利になるために
ロボットを作ったが、いつしかそのロボットに逆に苦しめられる
ようになってしまい・・・というストーリーがよくありませんでしたっけ?
何だか似ていますよね。

 何だか良く分からないけど、不調だということありませんか?
 
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-21 23:07 | ココロについて

考え過ぎをやめることで見えてくるもの。

グズな大脳思考デキる内臓思考―「アタマのいい人」の考え方はどうなっているの?ハラを鍛えて、やさしくカシコイ人に
崎谷 博征 / / アスカエフプロダクツ
スコア選択: ★★★★

本書の前半部分では、発生学、進化学、脳科学などの
視点から脳がどのように発達してきたのか、どのような
特徴を持っているのか、そして大脳と内臓の関係や役割が
とても分かり易くまとめて紹介されています。(脳と内臓
に興味を持っている方には頭の整理にピッタリです。)
脳の発生について詳しく無い方には、この部分だけを
知ることで十分満足出来るかもしれません。
 また、参考文献もそれぞれの分野の代表的なものが
きちんと紹介されているので、興味のある方は
さらに詳しく知ることが出来るはずです。

 確かに現代の身体の不調は、大脳皮質の過剰発火である
と言われるのも良く分かりますが、その大脳思考を
止めたときに感じられるのが、禅や悟りのような体験
であることに繋がっていのであろうと思います。
そう思うと心と身体の繋がりは、まだまだ不思議や
楽しみがたくさんあると再確認させてくれる本です。
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-16 19:30 | 書籍(ココロ)

家族としてのつながりやあり方を考えるヒント。

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て―胎内記憶からわかった子育ての大切なこと

4313660321
学陽書房 2006-03
おすすめstar



 タイトルには「生まれる前からの子育て」とありますが、
本書はいわゆる「誕生前から天才を育てる準備をしよう!」
と呼びかけるような胎教を進める類のものではありません。
子供は生まれる前のことを覚えているという胎内記憶を
アンケートの結果などを利用して、わかりやすく説明し、
お母さん、お父さん、そして上の子供がいる場合には、
子供がお腹の中の子供に語りかけことが、子育てだけでなく、
家族のつながりを強めるためにいかに役立つかを教えてくれます。

 お産や子育てに関連して否定的な感情を持ち続けている人
(流産,死産,子供との繋がり感の喪失などなど)には、
何事にも目的があり、生きること・生きていること
の意味を再確認させてくれるきっかけになると思います。

 また、若い世代の人には子供は生まれる前からの記憶を
持っていることが少しづつ知れ渡ってきているように
思います(だから、語りかけや繋がりを大切にしよう
という行動)が、一世代前の両親などにも一緒に
読んでいただくと、さらに広がりや良い効果が
出てくるように思います。
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-13 08:00 | 体について

好きなことしよう。自分のしていること好きになろう。

 突然ですが、 Life is good という、アウトドアブランドをご存知でしょうか?

 Do what you like. Like what you do.
(好きなことしよう。自分のしていること好きになろう。)

 とてもシンプルですが、非常に力強いメッセージのような気がして、
つい紹介したくなりました。ちなみに、創楽カイロプラクティックでは、
「できることから、始めよう」というのが今のところのコンセプト?です。

 さて、YMOなどが参加して話題になった地球温暖化防止を
訴えるコンサート「ライブ・アース」、皆さんはどのように捕えられた
でしょうか?
 ちなみに、ライブ・アースのコンサートの合言葉は、
 Save our selfves.
 (自分自身を救え)
 でした。一昔前は、地球を救え立ったような気がしますが、
これは環境悪化がさらに進んだことを暗示しているようですね。


 普段何気なく、私たちが使っている、
言葉のパワーは、予想以上に強力です。

 どんどん、良い言葉に接して、良い言葉を使っていこうと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-08 21:18 | ライフスタイルについて

何かを創造し、変化し続ける=「生きる」 なるほど!!

感動する脳
茂木 健一郎 / / PHP研究所
スコア選択: ★★★★★

 これは素晴らしい!と思わず感動させられるような本です。

 というのも、単に脳の仕組みや人生論を展開するような
内容ではないのです。何事もそうですが、物事の特徴や
仕組みをきちんと理解することが、応用として実践や日常
生活で生かすためのコツであることは間違いないでしょう。

 本書は、脳の特徴を押さえた上で、生き生きとした、まさに
感動の日々を実感できる生き方のヒントが分りやすい話し
言葉で書かれています。(きっと励ましのメッセージのように
感じるはずです。)

 基礎学力の大切さや子供時代に大切なことに留まらず、
人生観や世界観、そして意欲や欲望の大切さなどに気付
かせてくれる本書は、未来に繋がる1冊のような気が
します。意欲的な人をさらに元気付けてくれますよ。きっと。
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-06 22:48 | ココロについて

大切にするココロは、美しいものと接することから?

 関西では梅雨らしい蒸し暑い日が続いています。関東は、
少し雨も少ないようですが、水不足になりませんように。

 さて、先日沖縄に旅行に行ってきました。初めての沖縄
でした。特別目的があったわけではありませんが、
敢えて言うなら、ほんとに沖縄の海はきれいなの?というのを
確かめたい気持ちでした。というのも、これまで、何度か
海外のビーチと呼ばれる所に行ったことはありましたが、
それ程海がきれいだとは思いませんでした。ダイビングを
している友達や姉の話から、沖縄がすごいらしいというのは
何となく知っていたのですが・・・・。

 沖縄の海は、本当にきれいでした。
(※もちろん、全ての場所というわけではありません。)

 そして、美しいものに接することで、
このきれいな自然を大切にしたい、次の世代に残したい
という気持ちになりました。本物や本当に美しいものには、
そんな不思議な力がきっとあるんだろうと思います。

 環境問題に関連して個人の生活スタイルが大きく
影響を及ぼすことが指摘されるようになっています。
しかし、実際に何が出来るのか?
または、何故生活スタイルを考え直す必要があるのか?
と言われるような方にご提案なのですが、
一度美しいと評判のある自然環境(身近のどんな場所でもOKです)
に足を運んでみるというのは如何でしょうか?

 夏休みも近づいています。自然と触れ合う計画を
是非立ててみて下さいね。

 余談ですが、「美しいもの」を考えるヒントは、
少し前に紹介させていただいた「美しいもの」をどうぞ。
[PR]
by happyfun120 | 2007-07-03 17:56 | ライフスタイルについて