<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

消化のエネルギー

 勉強をすればするほど、まだまだ何も自分は知らないなというのが、
良く分かるものです。まだまだ私の勉強不足のためだというのは、
本当にその通りなのですが、先日の書籍の紹介の際にも、
「人の体と消化の仕組みは不思議なり」と表現したのは、生理学の本や
消化の仕組みなどを読んだりしていても、結構、解明されていないことが
多く、全て何かが正しいと仮定して物事が説明されていたり、
進められているのが多いことに気が付かされます。

 私の先生は、「医療や健康の常識などは、10年もすれば、その
半分は変わっている。」というようなことを良く言っていますが、
なんとなくそれも分るような気がします。まだ読んではいませんが、
気になっている本があります。「99.9%は仮説」、このようにレビュー数が
多く物議を醸し出している本には、きっと何か真実に近いものがあるような
気が常々しています。実際に読まれたからおられましたら、またコメント
下さいね。


 さて、話が大きく逸れてしまいましたが、先日紹介した書籍や
ナチュラル・ハイジーンに関連して、私が一番驚いたことを一つ紹介
させていただきます。それは、

 食べ物の消化が、一番エネルギーを消費する/必要とする。

More
[PR]
by happyfun120 | 2006-08-19 01:11 | 体について

ナチュラル・ハイジーン

 先日紹介した食生活に関する2冊の書籍の元になっているのは、
「ナチュラル・ハイジーン="自然の法則"に基いた原則と習慣に従って
生活する一つの生き方」という考え方です。補足説明をしようと思った
のですが、既に分りやすく紹介されているページがありましたので、
まずはこちらを参照してみて下さい。

 いかがだったでしょうか?

 善い/悪い というような判断をするつもりはありません。
 本来なら、このような食生活やライフスタイルに関連する事柄を
紹介やレポートするには、十分時間をかけて、実践した結果を報告
するのが望ましいともっています。私自信が、ナチュラル・ハイジーンという
考え方を知って、それを自分なりに工夫して、出来ること、自分にあった
ことを毎日の生活に取り入れて、まだ5ヶ月しか経っていません。

 もともとが、健康問題で大きく困っていたり、病弱なわけでもなく、
ダイエットを望んでいたのでもないために、劇的な変化は経験して
いませんが、それでも、自分にとっては、その生活を実践することが
心地良く感じられたので紹介をさせていただいたまでです。

 食生活に限らず、「信じる」ということは、ものすごいパワーを持っています。
物事に善い/悪いは無いと思いますが、それでも、間違ったものを信じると、
それはそれで、大変な結果を生み出しかねません。常々、「自己責任」という
言葉を良く使っているかもしれませんが、このナチュラル・ハイジーンに
関しても自分が良いと思えば、参考にするなり、取り入れるなりの工夫を
してみるのが面白いかもしれません。しかし、自分が、怪しいと思ったのならば、
まずは、自分で情報収集をして、それについて調べてみるべきです。 
(話は、逸れますが、投資の鉄則の一つにも、自分が理解できていない商品を
購入しないというのがあります。そして、そのとおりだと思います。)


 世間や常識に流されずに、バランス感覚を磨くつもりで「だれもが100%・・・」を
読んでみられるときっと面白いと思います。 

 一つだけお願いがあるとすれば、(何事もそうかもしれませんが・・・)
妄信・排他的・ファナティックにならないように気を付けて下さい。ということです。

 また、機会を見て関連記事を書いてみたいと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2006-08-17 00:24 | ライフスタイルについて

人の体・消化の仕組みは不思議なり。

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!
ハーヴィー・ダイアモンド マリリン・ダイアモンド 松田 麻美子 / グスコー出版
スコア選択: ★★★★

 「だれもが100%スリム!常識破りの…」を読んだ後にさらに
興味を持って本書を読んでみました。が、残念なことに内容に
あまり発展性というか、奥行きが無かったような気がします。
まず自分の食生活と健康に革命の第1歩を起こしたいのであれば
「だれもが…」を読んで、自分なりに実践することで十分だと
思います。これまでと違う食生活の実践により、必ず何か違いを
実感できると思います。
(確かに、本書では実践のための詳しいレシピなどは充実していた
ように思いますが、あれだけ、十分な食材を自由自在に活用する
のにはかなりの余裕と情熱が必要な気がします。)

 今の自分の健康状態や食生活に関して、少しでも疑問を持っ
ている方や、環境問題にも考慮して、さらにパワー溢れる生活
に興味を持っている人には、本書などで説明されている
「ナチュラルハイジーン」の考え方は、受け入れられると思います。
本書の内容全てが真実だとは思いませんが、それでも、一読を
お勧めできる書籍です。 
[PR]
by happyfun120 | 2006-08-15 19:26 | たべものについて

常識を疑ってみる価値あり。

だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命
松田 麻美子 / グスコー出版
スコア選択: ★★★★

食生活に関する常識の再検証を迫られるインパクトの
強い本です。本書に書かれている内容が、必ずしも全て
真実であるとは思いませんが、本書を読まれた方の今後
の食生活に関する、価値観や信念を大きく変えるような
気がします。(少なくとも、私は本書に出会えたことを感謝
しています。)

 いきなり全てではなく、自分が納得できること、自分
が取り組んでみたいと思うことを自分流にアレンジして
取り組んでみると身体に変化が出てくるのを実感できる
と思います。ダイエットではなく、健康とパワー溢れる
生活の視点から本書を読み、生活の中に取り入れていま
す。

 より詳細に知りたい場合には、本書の原書?にあたる
「フィット・フォー・ライフ」をお勧めします。が、
内容は殆ど同じなので(料理メニューの紹介が多い位?)
エッセンスを学び取るのであれば、本書で十分だと思
います。

 食生活の急激な変化は、危険を伴うので、実践して
いく場合には、(専門家に相談するなどの)十分注意も
必要かと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2006-08-15 19:07 | たべものについて

食事における中庸

 暑中お見舞い申し上げます。

 雨の多かった梅雨が終わったと思えば、本格的な暑さの夏が一気に
始まったという感じですね。変化に対応できるということは、素晴らしい
ことだと思うので、この暑さにも、そして地球の温暖化にも?、対応出来
るように、しっかり水分補給をしてお過ごし下さい。
※くれぐれも、ジュースに代表されるような砂糖の取りすぎにはご注意下さい。
 身体の60~70%は水分と言われていますから、やはり大切なのは、お水なのです。

さて、以前にも生活習慣の変化による影響が出やすい人(土台が危うい?)
もいれば、出にくい人(土台がしっかりしている?)もいることをお伝えしたかと
思います。食生活を変えることによる影響もわかりにくいものもあるかと
思うのですが、先日なるほどと思う新聞記事がありました。

 食の評論家と言われる人の、食事に関する哲学が紹介されていました。
一言でまとめてしまうと・・・
 
  敢えて中庸を実践し続ける!

More
[PR]
by happyfun120 | 2006-08-04 22:41 | たべものについて