<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

進化の事実は無視できない

「赤ちゃん」の進化学―子供を病気にしない育児の科学
西原 克成 / 日本教文社
スコア選択: ★★★★

 本書はサブタイトルにもあるように、子供を元気に育てる
育児について紹介がされています。単に紹介ではなく、科学的に
つまり、哺乳類の進化の歴史を実験結果や免疫の仕組みを
基にして、なるほどと納得のいく説明がされているのがポイント
です。

 本書でも紹介されているように、生きるために必要な
「呼吸・睡眠・食事」について、子供に正しい方法を
伝えていくのは親の役目であるという考えは、しっかりと
受け止める必要があると思っています。

 間違った知恵や知識を次の世代に伝えていくことは、考えた
だけでも恐ろしいものです。そのためにも、やはり「本物」は
何なのかと、常に考える親の姿勢が大切なように思います。
(育児に関しても、核家族化が進んでいる現状の日本では、
やはり本物の情報を親や地域社会から得ることは難しいでしょ
うから。)

 本書で紹介されている育児方法のなかには、「現実的に」
実践するのが難しいもののあるかもしれません。しかし、育児
をする時に検討してみる参考材料としての価値は十分にあると
思います。 
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-30 19:32 | 書籍(体)

子育て支援 頑張るお母さんお父さんへ

 同年代の友達や(かつての)同僚などにも、子育てを始めている人が
増えてきました。中には、会社で初めて、男性の育児休暇を取得する
んだと報告してくれた友達もいます。頼もしいものです。男性の参加が
求められているにも関わらず、なかなか現実に男性が育児休暇をとるのは、
大変なことだと思うので、新しいことに挑戦した彼にエールを送りたいと思います。

 さて、妊婦の方も治療に来られることがあったりと、子育てについて、
いろいろと話を聞く機会はあります。とは言っても、実際に自分がやってみない
ことには、物事の真相は分からないでしょうが・・・。個人的には、人の体や成長、
動物の進化の歴史などにもとても興味を持っているので、1人で色んな本を読んでは、
なるほどとうなずいています。しかし、やはり、実際の子育てをされえている方を
みているとほんと真剣勝負だなというのも良く感じます。

 「三つ子の魂 百まで」

More
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-30 19:29 | 体について

今を生きる

 災害、事故、事件、などは、何故起きるのでしょうか?

 原因と結果の法則のように、やはり何か原因はあるのでしょう。
しかし、そのような原因を一旦横において、今自分が生きていると
いうことは、本当に奇跡のような気がするのです。生きているという
表現よりは、「生かされている」とうい表現のほうが正しいのかも
知れないと思ってしまいます。

 災害など厳しい状況も色んなことを教えてくれます。その一つが、
今を自分なりに生きるということだと思います。(ついつい、忘れて
しまいがちですが。)能天気な凡人に、戒めを与えてくれている
ようにも思います。

 改めて、ジャワ島での怒りや悲しみが落ち着きと活力を取り戻す
ことをお祈りします。
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-30 09:45 | その他

1分間だけ時間を下さい。(ジャワ島地震のために)

 先日発生し大きな被害が出ている「ジャワ島地震」のことを思って、
1分間だけ お祈り の時間を取ってください。もしよければ。

 

















  毎月、ブログの壁紙を更新しています。
 今月何故かあまり気に入らないなと思いつつこの壁紙にしました。
「祈りよ叶え」とサブタイトルにあります。不思議なものです、まるで
今回の地震や良くないことが起こることを予期していたかのような・・・。

 1分間のお祈り、ありがとうございました。
 すこしでも、世界が平和に近付いていきますように。
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-28 13:43 | その他

口は1つで、耳は2つ。その意味知っていますか?

 先日、「愛と癒しのコニュニオン」という本を紹介させていただきました。
レビューにも書かせていただきましたが、これはほんとに奥深いメッセージを
私達に発信し続けています。他人に流されたくない、自分で納得をした
生き方をしたいと思い、取り組んでいる方に特におすすめいたします。

 「聞く能力」というのは、(少し大袈裟かもしれませんが)人間として、
人とコミュニケーションを取りながら生きていく上では必須の能力だと
本書を読んで改めて認識しだいです。

 人の話を聞くだけで、人間関係がスムーズになったり、幸せな気分に
なったり、良いことがどんどんおきるようになるって、すごくないですか?
しかし、これは、単にテクニックではありません。しつこいようですが、
これもまた、生き方や信念につながってくる、ものの考え方なのです。

 人間になぜ、口は1つしかないのに、耳は2つあるのか?

 その答えは、喋ることに2倍、聞くことのほうが重要である!
と言う説明、なかなか上手く出来ていると思いませんか?

 一度、自分が人の話を聞いていると思っているとき、そっと自分を、
自分の頭の中を観察してみると面白いかもしれません。
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-28 13:34 | ココロについて

「聞く」能力の素晴らしさ、そして、人間の可能性

愛と癒しのコミュニオン
鈴木 秀子 / 文芸春秋
スコア選択: ★★★★★

 心理学やカウンセリングだけでなくコミュニケーション
において一番大切とされるのが「聞く」能力です。しかし、
本書は普段いかに人の話を聞いていないか、そして、「聞く」
ことがいかに素晴らしいことであるかを紹介しているだけに
留まりません。

 何よりも目からウロコだったのは、人は誰でも自分で
問題を解決する能力を持っているということを「聞く」
という側面から教えていただけたことでした。

 タイトルからは連想されにくいかもしれませんが、本書は
人生哲学や生き方にも大きな影響を与えてくれる一冊である
気がしています。(おそらく良い影響を。)本当におすすめの
一冊です。
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-28 13:22 | 書籍(ココロ)

食生活も長期投資の考え方と同じ?

 健康な人には食生活の変化は、なかなか分かりにくいもの
なのかもしれません。というのも、消化・吸収・排泄の機能の土台が
しっかりしているから、少し位体に悪いものを食べても、体がきちんと
処理をしてくれるためかも知れません。その反対に、健康でない人は、
土台が既に弱っているために、変化には反応しやすいのかも知れません。

 食生活に関して、先日知り合いの50代のご婦人の方からこんな話を
聞きました。要約すると以下のような感じです。

 まず、彼女の特徴として、食事、栄養に興味を持たれて、独学で学んだり、
さまざまなセミナーなどにも参加されています。20年間ほどマクロビオティックや
玄米、野菜中心の食生活で、動物性たんぱく質の摂取は控えめにされています。
そして、何よりも驚きは、化粧も20年位ほとんどされておらず、普段も
基本的には化粧をされていません。にも関わらず、肌がきれいなのです。
きれいというだけではありません、ほとんどシワらしいものもないし、
肌が澄んでいるんです。ほんとに透明感に溢れるという感じです。
そんな彼女いわく・・・

 「食生活を変えてもなかなか変化は分からないかもしれない。
  体のことを考えた食生活に取り組み始めた時、周囲にも勧めてみたが、
  笑い飛ばされることはあっても、なかなか相手にはされなかった。

  しかし、その食生活を20年続けてた今周りを見渡せば、同年代の友達などは、
  何か薬を飲んでいたり、体の不調を感じていたりする。比較的元気なのは、
  地道ではあるが体のことを考えた食生活を続けたおかげかな。」

ということでした。

 ※一つ忘れていましたが、彼女の特徴として、(時間とお金に余裕があることに加えて)
  非常に低姿勢で感謝をよくされる方であるというのもポイントです。

 そんな彼女の話を聞いていて、ふと食生活も長期投資の考え方と
同じなんだろうなと思いました。基本的なところをしっかり押さえて、
あとは地道にそれを信じて継続し続ける。

あなたは、食べるということをどんなふうに考えていますか?

 私も子供のころから比較的、外食・インスタント・コンビニなどとは、
距離をとった食事をしていましたが、昨年あたりから玄米を取り入れたり、
栄養学について自分でも調べだしたりと取組みを始めています。
すぐに驚くような成果は出ないかもしれませんが、長期プランで臨んでいます。

 只今、食生活のさらなる改革実行中!!(お楽しみに)
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-26 18:06 | たべものについて

玄米も偉いけど、圧力鍋も偉い!

 先日、発掘あるある大事典Ⅱで玄米の特集がされるということで、
期待に胸を膨らませて番組を見ていました。

 玄米の持つ栄養素的な情報については、HPで詳しく紹介をされて
いるので興味のある方はご覧になってください。HP:あるある
※放送テーマINDEX→2006年第106回 

 小難しいことは割愛すると、現代的な生活をしている人にとっては、
栄養素、毒素排出、新陳代謝の面で白米より優れた効果を持っている
ということです。(※調理法方や摂取方法にはご注意下さい。)

 それよりも、私が納得したのは、「やっぱり圧力鍋は偉い!」ということ
に尽きます。というのも、番組の中でも、玄米炊きの名人は、やはり、
5時間以上浸水し、圧力鍋を利用しておいしく炊き上げているのです。

 一見大変そうに見えるかもしれませんが、圧力鍋を利用すれば、
前日寝る前に玄米を洗って、水に付けておくだけ。朝起きて、ガスの
火をつけるだけです。

 私も昨年より半年以上、毎日。ホントに毎日、玄米を食べ続けていますが、
圧力鍋を使う限り、
・玄米特有のにおい
・食物繊維の殻による消化不良
で困ることは、ありえないことだけを断言します。
   圧力鍋さん、ありがとう。
[PR]
by happyfun120 | 2006-05-14 23:13 | たべものについて