<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

LOHAS

 突然ではありますが、LOHASという言葉をご存知でしょうか?

恥ずかしい話ではありますが、私はちょくちょく単語は目にした
ことはあったものの、それが何なのかつい最近まで知りませんでした。
しかし、ふとしたきっかけで、その単語の意味と目指す方向を知りました。

LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語

直訳ですが・・・ 
健康と持続性を考慮したライフスタイル と言ったところでしょうか。
本場はこれまた輸入品のようで悔しいですが、アメリカのようですね。
(参考までに  http://www.lohas.com/about.htm )
日本にもすばらしい文化は生活スタイルは間違いなくあるので、何も簡単に
LOHASなんぞになびくわけではありません。(東城百合子さんの教えが、
それを証明してくれているように感じます。)

でも、よくよくこの言葉について考えると、自分が活動を繰り広げたいと
思っている場所や方向性はなんだか近いなと思ったりするのです。

2005年、自分の活動の備忘録として、こっそりと、誰にも知らせることなく、
ブログをはじめました。1年間続いたことには、自分でも驚いています。
初めてコメントを下さったselfish_brainさん、そして、偶然にもこのブログを
発見して読んでくださった方に感謝をしています。ありがとうございました。

さて、2006年からは、方針を明確にし、もう少し活動を積極的に展開して
いきます。既にお気付きになった方もおられるかもしれませんが、このブログ
では、"体・ココロ・たべもの"以外にも、私の趣味と言うか関心のである、
経済、自己啓発、英語なども混じっていたかと思います。
そこで、2006年度は、"体・ココロ・たべもの"では、基本に戻って
カテゴリーを原則以下のものに限定して展開していきます。
・体について
・ココロについて
・たべものについて
・ライフスタイルについて
・本(体)
・本(ココロ)
・本(たべもの)
・本(ライフスタイル)
・その他

それ以外に関しては、別の活動場所を設定して取り組みます。
また、ご報告できればと思います。
そのときには、応援よろしくお願いします。


それでは、2006年が実り多い、良い年になりますように。

2006年のはじめに、
1分間だけ世界平和のためにお祈りをしてみてください。



きっと、世界が良いエネルギーを蓄積して、少し変わると思うのです。
そんな人が多くなれば。
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-31 23:56 | ライフスタイルについて

寒い冬を暖かく乗り切ろう その2

 今年もいよいよ残り少なくなってきましたが、忙しさのために
体調を崩されていませんか?寒さも、まだしばらく続きそうです
ので暖かくしてお過ごし下さい。
 ということで、前回に引き続き、暖かく快適に過ごす方法の
2回目です。今回のポイントは、"効果的に体を暖かくする場所
を知る"についてです。

 1つだけに絞るとなると、まだ自分の中で結論が出せていない
のですが、以下の場所に注目をしてみて下さい。

[ポイントになる体の場所]
・頭(耳を含む)

 →外出する時には、耳を覆うような帽子を着用

・首
 →マフラー,ネックウォーマーの利用
   ※寝る時に、首にタオルを巻きつけるようになってから、
    風邪をひかなくなりました。

・手のひら
 →外出時は手袋を利用
  ※冬のマラソンや駅伝で、選手が手袋をしているのには、
   ちゃんと訳があるのです。

・仙骨(お尻の骨)
 →ナイロンではない綿の下着や貼るカイロを利用
  ※血管のコントロールする神経が多く集まっています。
   カイロプラクティックに限らず、手技療法家は、この部分を
   非常に重要視します。でも、それにもやっぱり、理由がある
   のです。これについては、また、機会を見つけて、熱く(?)語り
   たいと思います。乞ご期待!

・足首(足)
 →冬には、短いソックスは避ける

More
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-27 23:46 | 体について

自分の現実は自分の心や信念が決める

金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ― 起業家精神から富が生まれる
ロバート キヨサキ シャロン レクター 白根 美保子 林 康史 今尾 金久 / 筑摩書房
スコア選択: ★★★★★

 シリーズを通して金持ち父さんの教えの基本である
"お金を自分のために働かせる"ということが常に根底
にあります。本書では、さらにその教えを発展させ
"リーダーシップを発揮してチームとしてビジネスを展
開させる"ためにどのように取り組んでいくかが紹介さ
れています。

 自分にとって、この金持ち父さんのシリーズが非常に
刺激的に感じられた理由は、
・知らない世界を紹介してくれたこと
・単なる「お金持ち本」ではなく、自分自身との対話を
 促すストーリー展開になっていたこと
が大きな要因だったような気がします。
 自分の経済状況も、幸せも不幸も、結局は自分が選択
した結果、つまり、自分が考えている信念や心の状況が
反映されているにすぎないことを改めて再確認させてく
れたような気がします。

 確かにシリーズもののために、重複する部分が多かっ
たり、あまりに現実とかけ離れれている部分があるのも
事実です。金持ち父さんのシリーズを読んだにも関わら
ず、変化や成果が出ていない人には、改めてシリーズを
読み直し、自分と対話し、頭を整理し、行動を起こすた
めの起爆剤として本書をおすすめします。有益か無益か
は、あたなが決めることが出来るのです。

 ロバート・キヨサキ氏を通じて、金持ち父さんの教えの
根底にあるもの(お金の仕組みや恐怖心との戦い)を知る
ことが出来て、私はラッキーでした。
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-25 00:13 | 書籍(ココロ)

都市の危うさと"備え"について

 大阪では、珍しく雪がうっすらと積もり午前中は道路の交通網が
やや麻痺の状態でした。(伊丹空港近辺はですが)ほとんど動いて
いない車の脇を遅刻を避けるために小走りに出勤したのですが、
ふと思ったのは

 「都市は意外にもろい」
 というのと
 「小走りすることが楽しく感じられる体の状態ってありがたい」
 ということでした。

 地震や災害のために"備え"が必要なことも、頭では分かっています。
 冬になれば、雪が降る時もあるから対応するための"備え"が
必要なのもやはり分かってはいるはずなのです。でも、実際はなかな
か出来ていないのが、"備え"なのではないでしょうか?

 異常事態の際には、サバイバルが展開されます。悠長なことは言って
いられません。その時に、冷静さを失わないことも大切なのですが、
一番大切になってくるのは、やはり"健康"という根本/土台であることを
最近改めて実感しています。では、"健康"に対する"備え"は、何かを
考えるとそれは"予防"を視野に入れた普段の生活に行き着くような気が
するのです。

 これまで、情報発信の方向性が、まとまっていなかったかもしれませ
んが、より"健康"を意識した情報発信を継続してみようと12月も終わり
に近づき改めて考えているところです。

 小学生の時に、カブスカウトという活動に参加していたのですが、その
時のモットーは、 "備えよ常に" だったような気がします。真実は、いつ
もシンプルだと思いませんか?
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-23 00:06 | その他

寒い冬を暖かく乗り切ろう その1

 寒さが急に本格的になってきたと思いきや、大雪に見舞われている
ところもあるようですが、気を付けてお過ごし下さい。

 さて、今回はたまには季節に関連するの健康の話題として、いかに
暖かくして冬を乗り切るかということについて少し記事にしてみたいと思
います。扇風機を使って、暖かい空気を循環させるなどの裏技もある
ようですが、そのようなものは別として・・・ 大学時代の(自称)スキー部
の活動と趣味のアウトドアの経験から、暖かくして過ごす工夫について
2点紹介をさせていただきます。


[ポイント]
1.暖かい空気の層を確保する
2.効果的に体を暖かくする場所を知る


 今回は、1つめの"暖かい空気の層を確保する"についてです。
これは、アウトドアを通じて私が学んだ考え方です。簡単に説明すると
アウトドアでは、1日のうちでの大きな気温の変化に対応出来るように
レイヤリング(要は重ね着)という考え方を大切にします。つまり、暑くな
れば脱ぎ、寒くなれば、着込むという単純なものです。このレイヤリング
における暖かくするコツは、自分の体温で暖められた「暖かい空気の層」
をいかに外に逃がさずに確保するかということなのです。

More
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-18 23:23 | 体について

ホントかどうか考えてみよう。-日本の経済について-

小泉首相が死んでも本当の事を言わない理由〈上〉
浅井 隆 / 第二海援隊
スコア選択: ★★★

タイトルが過激なので、内容が気になってしまうところですが、
敢えて言うなら「中学生にも分かる日本経済の現状と予測」とい
ったところでしょうか。日本の経済についての現状と過去の分析
や世界の事例を踏まえた将来の予測について書かれています。

 常にテーマとなるのが、国家破産という最悪を意識して個人が
どのように対応するのかという問題提起です。その対策方法とし
て、資産の一部を海外の口座に外貨で管理するということも、基
本中の基本として紹介されています。(これは、どう考えてもその
通りでしょう。)

 日本経済の現状に関連して、「国家破産を煽り立てるな!」
とか「愛国心を持て!」と批判したくなる方は、まず冷静に日本
の経済の状況と世界の歴史や常識についての資料や情報を、ご自
分で集めて、自分の頭で冷静に判断されることをお進めします。
 やはり、大切なのは自分が問題意識を持って、自分から行動を
起こしてみるということなのだから。毎回同じ展開方法とは言え、
日本の現状についていろいろ考えさせれれることが多いです。

(特に目新しい展開がされているわけではないので浅井氏の書籍
を何冊か読まれている方には、あまりオススメという訳にはいき
ませんので評価は☆3つです。)

※このブログでは、テーマである「健康」に関連の無い記事は、
基本的には書かないようにしています。しかし、お気付きのように
結構、お金、経済ネタも多かったりします。次回、言い訳を兼ねて
お金と健康についての考えを書いてみます。
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-10 00:42 | その他

すぐにやってしまうべきこと と 長期的に計画すること。

ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法
ロバート G. アレン 今泉 敦子 神田 昌典 / フォレスト出版
スコア選択: ★★★★

お金の心配から逃れたい人、お金持ちになりたい人、そして、
本当の自由人になりたい人にとっては、非常に刺激的な本です。
「あとがき」にて神田氏も書かれているように、この手の本は、
実際に行動に移し継続し続けるか、面白かったなーと言って、
そのまま本を閉じてしまうかでその結果は天と地ほどの差が出
てしまうことは間違いありません。

 本書の良い所は、お金と付き合うための基本の基本(これは、
 全てのお金持ちになるための本に書かれていることです。
原則は変わらないので当たり前なのですが・・)が、導入部分
でとてもワクワクさせる方法で紹介されていること。そして、
積極的にお金を増やすために3つの分野(株式投資,不動産,マー
ケティング)について、実践方法がこれまたほんとに実践にし
たくなるような方法で紹介されていることです。

 今すぐに実践に移せることは、実践しはじめ、じっくり長
期的に計画することに関しては、じっくりと取り組むという
戦略で行ってみようじゃないですか。実践するか、やらない
か、そして継続し続けるかどうは全てあなた次第、自分次第
です。私は、マーケティングに焦点を合わせて取り組みを開
始します。
[PR]
by happyfun120 | 2005-12-07 00:25 | その他