人気ブログランキング |

<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

やっぱり大切なのは自分磨き。心磨き。

自然療法が「体」を変える―免疫力が増幅する“クスリを使わない”医学
東城 百合子 / 三笠書房
スコア選択: ★★★★

 本書は大きく分けると3つのパートで構成されています。
1.病気、食べ物、自然の力に関する著者の考え
2.自然療法の体験談
3.実際の食事(レシピ)と手当の方法

 まるで祖母から先人と自然の知恵を教えてもらっているか
のように、著者のメッセージがすーっと伝わって来ます。自然
の知恵というよりかは、自然と共に生きる人生哲学の要素が
強いかもしれません。自然療法では、結局一番大切なのは、
自分磨きであり、心構えが大切だということのようですが、これ
はそのとおりだなと思います。
 健康になるという"利"だけを追求して、自然療法を試したり
取り入れても、良い結果が出ないことを認識させてくれます。

 東城氏の本を読むのは、「食生活が人生を変える」に引き続き、
これが2冊目ですがこの出会いをきっかけに、玄米生活をはじ
めることが出来、芋パスターも実践中です。自分が試してみるこ
とで効果を実感し、自信をもって人にも奨められると良いなと思っ
ています。
 
 栄養に関連して書籍を読み進めていたのですが、良い出会いを
させていただいたと思います。ありがとうございます。

 本のカバーに"「自然療法」は不思議・・・だけど理屈に合ってい
るんです。"とありますが、例えば本書でも紹介されている肝臓と
腎臓を暖めることに関しては、免疫の考え方がそのまま当てはま
ります。免疫学の安保先生、西原先生の書籍を読むとさらにさらに、
納得と理解が深まること間違い無しです。
by happyfun120 | 2005-11-03 00:55 | 書籍(たべもの)

暴露本?とんでもない。目を覚まさないと。

小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics
藤原 肇 / 光文社
スコア選択: ★★★★

 本書を読み終え、改めてショックと危機感を感じました。
それは多分、出来れば見たくない母国の本当の姿や現状を
あまりにリアルに見せつけられたためだと思います。事実に
基く調査・分析の結果、つまり、著者が下した日本の現状の
診断に逆らうことはとてつもなく厳しいです。
 
 バブルの崩壊後の低迷の中で、"改革"が叫び続けられて
いるのも知っています。未来のために改革や変化が必要なこ
ともよく分かっています。しかし、一番必要なのは、今の現状
であり、今に至る歴史的な事実を目を背けずに直視すること
なんだろうと思うのです。

 第二次世界大戦や靖国参拝などに関連しても、厳しい指摘
がなされています。ついつい、それらの指摘に反抗したくもな
りましたが、そんなことを言っている場合ではないことに気付
かされます。食料、エネルギー、防衛全ての面において自国
だけではどうすることも出来ないのが、事実なのです。
 それらをカバーするためには、本物の政治、外交を抜きには
対応出来ないことが再認識できます。

 誰しも嫌な事実は見たくありません。でも、その嫌な事実を見
つめ続けると、目が覚め、考え方が変ってくる気がするのです。
問題意識をお持ちの方に、一読を勧めます。
by happyfun120 | 2005-11-03 00:53 | その他

玄米の力

 栄養に関していろいろと調べていくと、間違いなく(?)一つの事実に突き当たります。
それは・・・
     玄米がとてつもなく良いパワー・栄養を持っている    
                                    ということです。

 しかし、周りにはそれほど玄米を食べている人は見かけないし、私自身これまで、
玄米を食べたことなどほとんど無かったように思います。(なぜなんでしょう?)

 実際に購入しようとしてびっくりしたのは、なんと近くのスーパーや生協には、
1kg以上の玄米が売っていないという現実でした。(1kg以下は、価格も割高だ
から購入したくなかったというのもありますが・・・)

 玄米を食生活に取り入れようと、セットで圧力鍋も購入し約1月が経過しました。
しかし、残念ながら今のところ、目を見張るよう効果は実感で来ていません。
<期待させてゴメンなさい。>
もう少しじっくり、自分の体を観察してみようと思います。
(自然はじっくり効いてくると、信じているのです。) 

More
by happyfun120 | 2005-11-03 00:50 | たべものについて