<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自分が自分の人生のマスターになる

チャクラで生きる―魂の新たなレベルへの一歩
キャロライン メイス Caroline Myss 川瀬 勝 / サンマーク出版
スコア選択: ★★★★

 "人生"などと言うと少し大袈裟かもしれません。
しかし、人が日々の生活をするには、エネルギーが
必要です。どのようにそのエネルギーを使うかで日
々の生活に対する満足度の積み重ね、つまり幸せが、
決まるんだとろうと思います。
 自分を幸せ、そして健康にするためにエネルギー
が必要であるにもかかわらず、人は余計なものに
捕らわれエネルギーを無駄にしていることに本書は
気付かせてくれます。また、どのようにして、それ
らの捕らわれから自分を解放し、自分が自分の人生
のマスターになるかの具体的な方法などを含めて
解説がなされています。
 
・自分の人生は自分で変えられると信じられる方
・健康や幸せとは、どうも縁遠くなっていると思われる方
・人の癒しのしくみを知りたい方
などには、色々とヒントを与えてくれる本だと思います。
改めて癒しと健康に関して勉強になり、気持ちがシャキっ
としました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-30 21:39 | 書籍(ココロ)

心理かもしれないけれど

光の手―自己変革への旅〈下〉
バーバラ・アン ブレナン Barbara Ann Brennan 三村 寛子 加納 真士 / 河出書房新社
スコア選択: ★★★

 上巻では、科学的な説明一辺倒だったので、どうなることやら
と少し心配をしていたのですが、下巻では、いろいろと具体的な
手法や訓練法などが展開されていたので一安心しました。
 上・下を読み終えて、確かに科学的にチャクラやヒーリングに
ついて分析がさているという点では、とても参考になりました。
しかし、少し著者のイメージが先行しすぎているのではないかと
初心者には思える部分もありました。(故に、初心者や入門とし
てのおすすめ度は、星3つとさせていただきました。)
 但し、最後に"ヒーリングとは"、"癒しとは"について、しっか
りとまとめられているのはさすがであり、今後の活動の中で生か
せて行こうと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-25 20:02 | 書籍(ココロ)

間違った常識と変わらない(?)本質

腰痛は<怒り>である 普及版
長谷川 淳史 / 春秋社
スコア選択: ★★★★★

 ふとしたきっかけで2,3年振り位に本書を再読しました。
・心と体と痛みの関係
・間違った情報や常識
・癒しのための具体的ヒント
など、実際に慢性痛を抱える人そして、その改善に参加し
ようとする医療サービス関係者にとって、今でも十分役立
つ書籍であることに変わりないと思います。

 頭の柔軟性が無い人には、受け入れたり、理解してもらう
ことは困難かもしれません。しかし、素直な人または、分か
ってもらえる人に"心と体の関係"についての別の見方を広げ
ていくことでも、常識というものは少しずつ変わっていくよ
うに思います。
 当時は、まだ納得できなかったり、分からない部分もあった
かと思うのですが、医療サービスの現場に出るようになって、
改めて本書のカバーしている広さ(入門的な紹介にとどまって
いるが)を実感しました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-24 14:36 | 書籍(体)

やっぱり土が大切!

ぐうたら農法のすすめ―省エネ有機農業実践論
西村 和雄 / 富士通経営研修所
スコア選択: ★★★

 農学者であり、実際の有機農業(自然農法)実践者という立場から本書は書かれているために、実際に家庭菜園などをされている方には、役に立つのではと思います。(堅い文章でもなく、具体的な方法やきらっと光るヒントがきっと見つかると思います。)

 観察を基にして、非常に分かり易く、そして論理的に、有機農業が紹介されていると思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-23 14:02 | 書籍(たべもの)

難しいことは抜きにして、"策"は必要

ホリエモンへの挑戦状―若者が夢を持てる国造りをしよう!!
浅井 隆 戦略経済研究所21 / 第二海援隊
スコア選択: ★★★

 本書に関しても様々な意見があるかと思います。
・浅井氏はいつも同じようなことを言っている。
・データや論拠が弱い。
・志などの根性論に走りがち。 ...など

 しかし、国家破産や資産運用関連でしか浅井氏の
ことを知らなかった私にとっては、新しいちょっと
した発見でもありました。ここまで、日本のことを
改善しようと言う"志"があるんだと。(どうも、資産
運用の悪い?イメージが強すぎた。)
 理想論や根性論が嫌いな人も多いかと思います、
しかし、イメージや志がなければ、物事は改善に
向かって動き出さないのではないかと私は思うのです。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-19 13:44 | その他

辞書的な利用としては☆4つ

からだのしくみ事典
浅野 伍朗 / 成美堂出版
スコア選択: ★★★

医学、医療分野の入門書、そして辞書としては、非常に見やすく、分かりやすく書かれています。入門書とは言え、"事典"なので結構細かい事(単語レベルのため説明はやや不十分)までも書かれているので、初心者が頭から読み通すのは、
少し厳しいかもという印象を実際に読んでみて受けました。

 繰り返しになりますが、知りたい部分の概要をざっくりと把握するにはとてもよいと思います。

 通読してみましたが、最低限これくらいは、しっかりと頭に入れて、スラスラ説明が出来るようでないと、医療サービスには、関ってはダメなような気もしました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-16 13:59 | 書籍(体)

重複が多いのが残念

言葉の「気力」が人を動かす
藤平 光一 / 講談社
スコア選択: ★★

「氣の威力」で、藤平氏と中村天風氏の繋がりを知り、興味を持ったのですが・・・気のせいか、「氣の威力」と内容が重複している部分が多いと感じたのが残念でした。

 但し、どのように教育をされたか、(育てられたか)をご子息が書かれている"あとがき"は、非常に興味深く読ませていただきました。

 藤平氏の書籍を初めて読むのであれば、「氣の威力」などの別の物をおすすめします。
[PR]
by happyfun120 | 2005-07-13 13:28 | 書籍(ココロ)