<   2005年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

継続は力なり(ことわざは本当でした。)

イヌが教えるお金持ちになるための知恵
ボード シェーファー Bodo Sch¨afer 瀬野 文教 / 草思社
スコア選択: ★★★★★

 子ども向けの"お金の教育"のための本と侮ってはいけません。
お金持ちになりたいと思っている人だけでなく、生き生きと幸
せに生活をしたいと思っている人にとって、お金と成功哲学の
本質が学べると思います。

 「自分に自信があるかないかで全てが決まる」というのは、
すごく印象に残った言葉であり、そのためには、毎日10分間
を利用し、サクセスダイアリーとイメージとレーングを継続
することです。詳細は、本書でどうぞ!!
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-30 22:56 | その他

勉強するきっかけに

社長になる人のための経理の本
岩田 康成 / 日本経済新聞社
スコア選択: ★★

 会社の経営を数字から分析できるように、基本的な
視点からざっくり説明してくれています。
 内容の進め方も、セミナー型式という変わった方法
であるために新鮮味もあります。
 ただ、私の場合は素人の個人事業主としての視点で
読んだで・・・経理/経営について、まだほとんどよく
分かっていないのが再認識できました。頑張れ勉強!
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-29 22:54 | その他

顔は内臓と同じ?

内臓のはたらきと子どものこころ
三木 成夫 / 築地書館
スコア選択: ★★★

 顔は内臓の一部が発達したものであることを
分かりやすく説明してくれていました。
 また、子どもの成長過程において、舐めまわ
すことの大切さが、内臓の感覚を豊かにし、結
果的には、言葉や情緒まで豊かにすることが書
かれていました。
 しかし、講演主体よりも、もう少しまとめて
説明などがあったほうが、より体系的になり
深みのあるものになったような気がするのが、
少し気になりました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-28 22:53 | 書籍(体)

日本国について考える

次にくる波
浅井 隆 / PHP研究所
スコア選択: ★★★

国家破産についての警告というと少し大袈裟かもしれません。(また、変にあおるつもりもさらさらありません。)

しかし、よく考えて欲しいのは、冷静に考えて今の国の財政状況は正常なのか?そして、それは、世界の基準で確認するとどうなっているのか?ということです。本書にも書かれていますが、情報を鵜呑みにするのはまずいことです。何よりも必要なのは、情報を元に自分で疑問を持ち、そして、自分なりの情報収集をし、何らかの行動を起こすことです。

ほんとに日本の国を思うの人には、サッカーだけで熱くなるのでなく、政治や経済についても、一度考えて欲しいと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-27 12:56 | その他

自然農法の現場とは。

自然農法福岡正信の世界
福岡 正信 / 春秋社
スコア選択: ★★★

映し出される自然の風景に圧倒されました。
 実際に福岡氏が実践しておられる、"自然農法"と言うものが、
映像として見れるというのは、非常にインパクトがあり、また、
価値があると思います。(但し、詳しい農法や畑の状態が記録され
ている訳ではありません。そこが、ちょっと残念のために、評価は3
とさせていただきました。)

 所詮は、人間の人生、"自作自演"であるということもなんとな
く分かるような気がしてきました。しかし、ふと自分がせかせか
とやっているのは、いったい何のためなのかという疑問もふと抱
いてしまったりしました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-24 20:33 | たべものについて

子育てで大切なこと。

子どもが育つ魔法の言葉
ドロシー・ロー ノルト レイチャル ハリス Dorothy Law Nolte Rachel Harris 石井 千春 / PHP研究所
スコア選択: ★★★

 この本を読み終えて、まず親に感謝しました。無事にここまで成長したのはやはり、親の影響が大きかったなと。

 自分が親になる前にこの本に出合えてよかったです。既に子育てをされている方、これから親になる方にも、本書が伝えんとするメッセージは何か心に響くものがあると思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-23 10:03 | 書籍(ライフスタイル)

本能を忘れてないか?

 先進国と呼ばれる日本において普通の生活をしていると、
ついつい人間は、すごく高度な知能を発展させて、文化的な
生活をしていると言うような感覚(錯覚?)があると思います。

 しかし、現代社会に生きる私たちは、それほどまでに進化
しているのでしょうか?

 例えば、病気について。
・自然の一部として生活すること離れれば離れるほど、体は
弱くなっていはしないか?
・本能を無視した生き方を強めれば強めるほど、病気になり
やすくなってはいなか?

 病気という切り口から人間を見るとまた違った側面が見え
て来るような気がしています。そして、何よりも私たちは、何
万年という人類としての遺伝子を引き継いでいることを忘れ
てはいけないような気がするのです。

 このような文化的な?(本能を無視した?)生活を本格化
させたのは、たかだか100年にも満たないということを。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-22 22:24 | 体について

伝えるということ

 最近ふと、"伝える"ということについて考えることがあります。
それは、現在相手に対して何かを伝えると言うのではなくて、
自分の次の世代へ伝えるということに関してです。

 家族の関係が、希薄になればなるほど、それまで様々な形で
伝わっていた素晴らしい?"知恵"や"教え"というものが、次の
世代に伝わらない可能性があるのではないかと。

 何かを次の世代に伝えたい、という思いは動物の本能である
かもしれません。(注意:必ずしも自分の子どもにということを言
って要る訳ではありません。)

 いろんな生き方があると思います。
 次の世代へ自分たちが学んだり、教わってきた"知恵"を伝え
て行くと言う視点も大切かなと。自分だけのことを考えるのは、
そろそろ卒業しないといけないなと、この卒業シーズンにふと考
えたりしました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-21 07:38 | その他

自然の良く出来たカラクリ

 食物連鎖の不思議でも少し書いたかと思いますが、
改めて自然はそれ自体で良く出来たシステムだなと思います。

 と言うのも、有機農法や自然農法で作られた作物と聞くと
ついつい"虫がついていたり,虫に食べられたり・・・"と、プラス
よりもマイナスのイメージが先行しがちかと思います。
しかし、実際には、虫が好む部分と人が好む部分は必ずしも
一緒ではなかったり、気候や害虫に打ち勝って収穫される作
物は、高い栄養価に恵まれ、外見も非常に立派なこともある
ようです。
 
 農業の現場を見ていないので、ホントかどうか分からないこと
だらけですが、ますます、"自然農法"をやってみたいなと思う
ようになってきました。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-19 23:58 | たべものについて

たべものの値段を考える

 たべものの値段について少し考えてみようと思います。
普通に考えると、経済的余裕がないと、どうしても"安い"を基準に
ついつい買い物をしてしまうところがあるように思います。
(これは、金銭的に裕福とは言えない私だけ?かもしれませんが・・・)
しかし、2つほど考えておかなければならないこともあるように思います。

[ちょっと考えてみたいこと]
1.トータルで考えるとほんとに安いのか?

 汚染された安いたべものを食べ続けると、その結果として病気などの
症状が体に出ることも考えられます。体に不具合が出ると当然病院に
行ったり、薬を買ったり、仕事を休んだりと一つのことが原因でさまざま
なコストが発生します。
 汚染物質の蓄積結果はまだ十分判明していないことや個人差が大き
くあるとは思いますが、ただ"安い"だけでたべものを選ぶことは考えも
のかもしれません。

2."安い"は環境破壊に繋がる?

 "安い"たべものをつくるために、過度に薬物などを使用した結果、
土壌だけでなく周辺の生態系なども破壊することが十分考えられま
す。これらの行為は、将来の自然環境から得られる様々な利益も
破壊してしまっているとも考えられます。

以上、どちらもキーワードは、トータルで考えると。または、少し近い
将来のことも含めて考えると。と言うことになるかと思うのですが・・。

家計簿が厳しいかもしれませんが、少し普段の購買行動の際に思い
出して実行してみようと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-03-17 08:19 | たべものについて