<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

本当に大切なもの。

 先日学校の卒業生中心の週末講座に参加した時に、
私がすごく注目している方(30代後半)と話をする機会があり、
なるほどと納得させられたことがありました。

医療サービスに関わっていると、対象となるのはどうしても
体や心に何らかの疾患を持った方が対象になることが多い
のは当然と言うか事実です。

そこで、私がこんな質問をしてみました。
「心が体に影響を及ぼすしていることは、非常に多いと思いま
すが、そのような方に限って自分の心と向き合う時間や機会
が無いように思います。そんな時は一体どのようにアドバイス
をされたり、どのように一緒に取り組まれるのですか?」
と。

補足:心身症の患者さんには、仕事、家庭環境、人間関係で
トラブルが生じていて、"生き辛さ"が、"病気や症状"として、
問題になっているような気がしています。(当たり前と言えば、
すごく当たり前かもしれませんが、一応念のために。)

その時の答えは、実に単純なものでした。
「・何が本当に大切なのか考えてごらんって。
・お金があっても死んでしまったら終わりやで。」
と。

正にその通りだなと。
死後の世界や、輪廻転生、魂の存在などは、
一旦脇においておくと、やっぱりこの世に生まれて、生きている
時には、この"体"という乗り物があってからこそなんだと。

永遠に行き続けることは出来ませんが、
(またそうしたいとも特に思いませんが)
この世に生きている限りは、”自分"のパートナーであるこの
体にたいして、もっと感謝していたわってあげないとなと改め
て思ってしまいました。

本当に大切なものは何ですか?
それは家族や愛情や誠実さかもしれません。
でも、それらを表現するには、
この"体"が無くてはならないものだということも、
忘れてはいけないんだなと。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-28 01:07 | 体について

宇宙銀行への投資

 先日ふとしたきっかけで、"禅をきく会"という無料のセミナーに
行って来ました。仏教のある宗派が主催していたものですが、
私自身、宗教どうこうと言うよりは、"禅"もしくは、瞑想というもの
に興味があったために今回の運びとなりました。

 イスに座ったまま禅を体験するというのも、これまた貴重な体験
ではあったのですが、引き続き行われた講演の先生(ひろ さちや氏)
の発言から、ちょっと覚えておきたい言葉があったので、記録して
おきます。

「主体的に行う(善いと思われる)行為は、"宇宙銀行"への投資だと考える」

と言うことです。
要するに、すぐに結果として返ってこないような行為であったとしても、
それを"宇宙銀行"に投資をしたと思って考えると、必ずいつか大きな
リターンとなって自分に返ってきますよ。というようなことでした。
実は、これは、先日まで連載掲載していたパワーアップ計画の講師、
平野氏と同じようなことを言っているのに気付いたのです。
やっぱり、本質というか、真理はあるのかなと改めて実感した次第です。

手っ取り早い、リターンは無いかもしれませんが、"宇宙銀行への投資"
に乗ってみませんか?
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-25 20:08 | その他

パワーアップ計画 その8

第5回後半の要点

真のリーダーを実践し続けるために・・・

・目的には、ホットに。対応には、クールに。
"心はホットに、頭はクールに"という、サッカー日本代表監督トルシエ氏が
 確か言っていた言葉と、非常に同じことを言っているんだと思う。
・常に自分を磨き、自分一人から行動をはじめていくこと。
→周囲を巻き込む動きは、リーダーの行動から始まる。
・推進し続けることが結果を生む。
→短期決戦に挑まないこと。長期のプランを立てて、実践すること。
→自滅してしまっては、何もならない。
・前提基準の再検討を忘れないこと。
→物事は、スラスラ行くものではない。と考えると、イライラは生じない。
・相手の意思決定は、出来ないことを忘れないこと。
→馬を川まで連れて行くことは出来るが、無理やり水を飲ますことは出来ない。
・一度きりの人生を「味わい」で行くか、「疲れ」で行くかは、自分の心次第。
→人生の過程を楽しめることは、"どうせやるなら楽しくやろう"とも同じこと。
・人生は、ゲーム。シナリオを作ることで、付帯条件はいくらでも変わる。
→自分が自分に自身を持てると思ったことは、そうなるように物事が動くように
 自分から条件を変えたり、関係者に働きかけてゆけばよい。

以上

これ以降のテープが見つからないために、パワーアップ計画は、
これにて連載終了です。
正直、途中からキレイごとばかりを箇条書きで並べてしまうように
なっていたような気がしないでもないです。すべて、真実の一部分である
とは思うのですが、一気にやれずとも、意識して継続してみようと思います。

特に心に残って実践し続けてみようと思うのは、以下の2点。
・"どうせやるなら楽しくやろう"
・変化は、自分から積極的に、継続的に取り組み続けること。

[PR]
by happyfun120 | 2005-02-22 22:04 | その他

本当の自然農法というもの

自然農法 わら一本の革命
福岡 正信 / 春秋社
スコア選択: ★★★

 家庭菜園などで、体に良い野菜を作る方法についていろいると調べている時に、本書に出会いました。一言で言うならば、"たべもの"や"自然と人間の関係"についての、これまでの認識を少し覆されるような衝撃を受けました。

・体に良い野菜や農業について知りたい方
・輸入野菜が増えていることや野菜の季節感の無さに疑問を持つ方
・効率化だけを求める農業が、自然と健康に良いかに疑問を持つ方
・人間は、自然と上手く共生しているのかという疑問を持っている方
などが読まれると、これまでとは違った角度から、また物事が見れるようになると思います。

しかし、全ての人が実生活の中で本書に提示されている"生き方"や"農業"を実践するのは、困難を伴うのではと思います。(あまりにこれまで慣れ親しんできた、常識や環境と違うため。)
自分の幸せと周囲の人や自然との共生を考えていく良い材料になると思います。自然との共生関係の変わらない"本質"は、ここにあるように思います。


本書の感想などは、トラックバックをいただけるとうれしいです。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-18 08:23 | 書籍(たべもの)

パワーアップ計画 その7

第5回前半の要点

※なんと第4回のビデオには、映像が録画されていませんでした。
 ミスかトラブルがあったんでしょう・・・・。ということで、第4回はパス。

・何でも、進歩と創造に繋がるように利用できるか考える習慣にしてみる。
→失敗、批判をプラスに利用出来ないかどうかを考えてみる。
・"大変","難しい"などのマイナスのイメージと言葉を使わない。
→これらは、本人が感じる気分の問題であって、現実や実際問題とは関係ない。

真のリーダーへの道・・・・
・周囲の人を幸せにする基本的な気持が、協力を呼び寄せる元になる。
・悪条件こそ、改善のポイントであり、改良の余地が多くある。
・具体的な"目標"をイメージする。
・衝突することを恐れない。何もしないことは、衰退と同じ。
→衝突の経験から、解決策を共有できるようにすること。

以上


だんだん、最終回に近づいてきたと言う感じでしょうか。
"リーダーシップ"に関しては、"関係者をいかにやる気にさせるか。"
に尽きてしまうように思ってはいるのですが・・・。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-16 19:40 | その他

パワーアップ計画 その6

第3回後半の要点

やる気を発揮し、継続させるために・・・

・やる気は、"ねらい"に大きく左右される。
・"ねらい"は、上位と当面に分けて設定する。
・"ねらい"には、"目的"と"目標"から成り立つ。
→目的=意義・・・何のために?の答えであり、活力エネルギーの源
→目標=対象,到達点・・・何を?どこまで?の答えであり、具体的な目印
→両方必要だが、やる気につながるのは、"目的"であることを忘れないこと。
→持続、継続出来るかどうかの視点を忘れないこと。


以上

モチベーションと言う言葉も、"やる気"と同じかもしれないけど、
自分を駆り立てる、精神的なエネルギーは、やっぱり大事だなと
思う今日この頃です。
"ねらい"を忘れないようにするのが、やっぱりコツなのかな。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-15 21:27 | その他

厳しい言葉は実は宝

自分でもわかってはいたのですが、ブログのテーマである
"体"についての投稿が全然ありませんでした。
人に触れる医療サービスの学校で、勉強をしているにも関わらず。
実は、自分が"体"に対する実技に関して、少し言い訳をして逃げて
いるというのも気付いていました。

今日、たまたま、学校で講師をしたおられる先生から、
厳しい言葉と指摘を頂きました。自分で分っている自分の
弱点を指摘されるのは、厳しく、辛く、痛いものなのです。
しかし、よくよく考えると、これまた、当たり前のことになるのですが、
やはりすごく自分を成長させてくれるきっかけや起爆剤になるんですよね。
(指摘された時には、悔しかったり、腹立たしくなったりするのですが。。。)

厳しいことを言ってくれる人(=一見イヤだと思ってしまう人)こそ宝である。

これを忘れないためにも、以下のことについてもう少し
今年度の計画に組み入れて実践しようと思う。

・手技の実技の練習の時間を週1回取り入れる。
・実践の場を通して、副収入を得るための具体的イメージをより明確にする。

ちょっと、個人的なことになってしまいましたが、
忘れないうちにメモしておこうと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-14 01:33 | その他

パワーアップ計画 その5

第3回前半の要点

計画を良いものにするために・・・その1:効率化を考える。

・目的,目標に関連する、"ねらい"を文書に書くことを習慣にする。
・"何のために?"(上位レベルを確定する。) 
・"どうする?"(具体的手段の洗い出し。)
・"ねらい"を明確にする際には、上位レベルに焦点をあわせること。
→下位レベルの反応に流されないようにする。(本質を見謝らない。)
→効率が悪かったり、現実的でなければあまり意味がない。
・"手段"は、複数用意しておく。
→最悪のケースも想定し、柔軟に対応できるようにしておく。
・計画を立てる際のレベルの概念は以下の通り。
①上位:目的⇔何のために?
②当面:目標⇔何をどこまで?
③手段:方法⇔どのように?

以上

では、早速実践してみようと思う。
ブログを書き始めたことに関連して・・・
①何のために?
 →HPと組み合わせて、ブログを広告として機能させるため。
  また、深く私を知ってもらうことで安心感を提供するため。
②何をどこまで?
→副業または週末事業としての"医療サービス"から、
 少しでよいので収入を得れるようになるまで。
③どのようにして?
→記事の内容は、"体","ココロ","たべもの","自己啓発"に
 限定する。それ以外の、日記などは基本的に掲載しない。
 HPもあわせて、作成し、他人とのコミュニケーションが生ま
 れるように進めていく。

という感じで、ちょくちょく進めて行こうと思います。
自分だけが気持ちよい、自己満足とオナニーにならないよう
に気を付けよう。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-09 20:02 | その他

パワーアップ計画 その4

第2回 後半の要点

状況を変えていくために・・・

・望ましい状態やそうあって欲しい状況をまず明確にする。
→そのために、どのような仕掛けや要素作りなど、何が
 自分に出来るかを考えてみる。
→考えがまとまれば、口で言うより、まず行動で実践してみる。
・書くこと、話すこと、行動すること。


・仕事とは・・・
→今ある要素(=状況,条件)を活用して、次に必要となる
 要素を作り出していくこと。
→"無い"ということを言い訳にせずに、"あるもの"をどうにか
 利用できないかを、何とか使うことを考えてみる。
→あること,出来ることを継続して繰り返すことで、影響力は
 少しずつ大きくなるし、物事も変化してくる。

以上

※一言感想※
何だか、だんだん難しく、抽象的になりつつあるので、
気を付けないと。それにしても、なんでも、慣れないことを
すると言うのは、大変であることに変わりは無い。
それを敢えて、継続し、習慣にしてしまえば、気にならなく
なるのもうなずける。恐るべし、習慣の力。

"思考すること"→"言葉に出して話すこと"→"実践すること"
このサイクルは、忘れないようにしよう。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-08 20:40 | その他

「心」について、「私」について

脳はなぜ「心」を作ったのか―「私」の謎を解く受動意識仮説
前野 隆司 / 筑摩書房
スコア選択: ★★★

・「心とは?,私とは?」という疑問に普通では、思いつかないような考え方を提示してくれました。(ある意味、物議を醸しだすというか、ショッキングな内容でさえありました。これまで、主体的と思って信じて疑わなかった、自分や意識が、まさか、受動的だったとは・・・詳しくは、本書を読んでみて下さい。)

「宗教や哲学でもそれとなく言われている、「私」は、"空"である。」と言うところに、どうやら物事は繋がっていくような気がします。

とにかく、ちょっと興味を持った方は、是非読んでみてください。恥ずかしながら、私自身が、まだ内容を十分理解できていないようなきがします。だから、評価は、星3つとさせていただきました。

しかし、この本は、そう簡単に評価してしまってはもったいないと思うのです。

※コメントは、トラックバックをしていただけるとうれしいです。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-07 23:14 | 書籍(ココロ)