人気ブログランキング |

カテゴリ:たべものについて( 46 )

水のとりかた上級編?

 これまでにも水に関する記事をいくつか書いてきましたが、
今回は体の環境を維持するために必要な役割について簡単に
紹介をさせて頂きます。

 五大栄養素(エネルギーに関係する摂取蛋白質,脂質,炭水化物に
体の調子を整える働きをもつビタミン,ミネラル)という言葉が
ありますが、これに次に追加されるのは恐らく水ではないかと
言われるくらいに、実は水は私達の体の中で大切な役割を
しています。

 少し前(2008/02/26)になりますが讀賣新聞に
「硬水飲んで代謝改善」という記事が紹介されていましたので
要点をそのまま引用しておきます。この記事を書かれている
藤田紘一郎先生というんは、元は寄生虫などの免疫学の
専門家であり、過剰な清潔が人を弱くするということを長年
訴えておられます。興味のある方は、「笑うカイチュウ」など
を読んでみて下さい。

「人体の60%以上を占める水は、血液やリンパ液などとして、
酸素や栄養素を全身に運び、老廃物や過剰な物質を腎臓に
運ぶ。水を飲むことによって、血液循環量を増やすことで、
代謝が活発になる。


「人間は一日2.5ℓの水分を体から排泄するため、同量の水分を
取る必要がある。食べ物に含まれている水分などを除いて、
お茶や水を一日2ℓを目安に飲んで欲しい。そのうち、ある程度は
水そのものを飲むのがいい。


老廃物の排泄に効果があるのは、硬度の高い、アルカリ性の水。

「硬水は、カルシウムが腸の蠕動運動を活発化し、便秘を予防する働きをする。」

「ただ、硬水は腎臓に負担を与えるので、腎臓の悪い人には注意が
必要だ。また睡眠中は内臓の働きもていかするために、寝る前と
起きた直後には軟水、昼間は硬水と飲み分ける方法もある。」

以上、引用終了。

 何事もほどほどが大切です。
 いきなり水を飲む習慣や体質が出来ていない人が無理を
して水を飲み始めると返って体に負担をかけることになるので
注意も必要です。

 物質的な体とうい側面から健康を考えた時には、
消化→吸収→代謝→排泄 の一連の流れが
正常に行われない限り、体は快適にはなりません。

 これから、気温もだんだん上がり水分を補給することも多くなるかと
思いますが、こまめな給水を行う習慣を付けることで体の調子が
良くなることを実感していただければと思います。

 
by happyfun120 | 2008-05-26 07:47 | たべものについて

食欲の秋第二弾?

 食欲の秋を刺激するような素朴な自然食レストランを
一つご紹介させていただきます。

 自然食レストラン ばんまい

 このお店も自然食や環境にこだわりを持ったお店なのですが、
豊中の直ぐ隣の池田市にあります。我が家からも自転車で
15分くらいの場所にあります。

 平日や週末のお昼少し早い時間に行くと、
人も少なくとても優雅な時間が過ごせます。
木の暖かさと自然な優しさが伝わってきます。

 年配のご夫婦が一緒にご飯をゆっくり食べられているのを
みると、こういうのっていいなぁーって思うんです。
 
 食欲の秋、ゆったりした時間の時のお出かけ如何でしょうか?
by happyfun120 | 2007-10-20 09:39 | たべものについて

食欲の秋、満喫していますか?

 ブログの投稿をはじめて3年目にして初の試みとして、
食べ物屋さんの紹介をしようと思います。これまでに、
この企画がなかったのは、我が家はほとんど外食をしないために、
記事を書くという発想が沸いてこなかったんだと思います。

 今回紹介させていただくのは、豊中市の北にある豊能群能勢町にある
「かわすみ」という懐石料理のお店です。

 このお店何が良かったかというと・・・

More
by happyfun120 | 2007-10-12 23:31 | たべものについて

パンを作る その3

 「全粒粉」を使ったパンをやっと作ることが出来ました!

 しかーし、これが予想外の結果でした。
 
 ・パンが膨らまない!
 ・100%全粒粉だとパサパサしすぎている!


 ちょっと参ってしまいました。
 とは言え、冷静に反省すると、何も調べずに「全粒粉」を使ったパンが
健康や栄養によいだろうと勝手に考え思い込み、全粒粉の特徴や
作り方のコツを全く調べずに、普通の強力粉と同じ方法で調理したのが
失敗の原因でした。 

 玄米を導入した時には、じっくりいろいろ研究したのですが、
あまりにすんなり上手く生活の一部に取り入れることが出来たので
多分油断をしていたのでしょう。

 何事も、油断禁物! ですね。


 その後、少し時間を取って全粒粉を使ったパンについて
調べていたのですが、どうやら全粒粉は強力粉と混ぜて
使うのが一般的で、全て全粒粉のパンというのは、少しクセがあるようです。

 ということで、全粒粉100%のパンは一旦見送ろうと思っています。
まだ粉も残っていることなので、後は混ぜ具合を工夫して
楽しんでみようと思います。全粒粉のパンに関して、シンプルでお手軽な
参考情報ありましたら是非教えてください!
それにしても、やはりシンプルが一番。手が込んだのはニガテです。

余談ですが・・・
全粒粉は、値段も普通の強力粉の約2倍するのと
近所のお店などではあまり売っていないというのもネックになっています。

<引き続きお詫び>
 実は、その後全粒粉を強力粉と混ぜてパンを作った時に、
ふと全粒粉の袋をじっくり見るとサンプルとして
・全粒粉と強力粉を1:1で混ぜる
・水は少し多めに入れる
が書かれていました!!
ほんと、恥ずかしい限りです。きちんと説明も読まずに、
いい加減なレポートをしてしまい大変申し訳ありませんでした。
以後気を付けます。
ちなみに、上記のコツを守るときちんとおいしいパンが焼きあがりました。
 
by happyfun120 | 2006-10-22 00:20 | たべものについて

パンを作る その2

 秋の夜長とはいっても、やはり遅くまで起きているのは
おすすめ出来ませんね。(私も早く寝よっと。)

 ということで、先日のパンに関連して少しだけ・・・・。

 白米から玄米にお米の良さを見直し、玄米のファンになって
しまったということは・・・

 そうです。当然、パンの原料である小麦粉についても素朴な
疑問を抱いてしまいました。

[素朴な疑問1] 薄力粉と強力粉の違いって何?

[素朴な疑問2] 全粒粉って何?

 特に注目したのは、やはり全粒粉でした。
 玄米と同じように考えると、絶対に栄養面などで魅力的!!
と思ったのです。

 ということで、次回は全粒粉を使って、パン作りに挑戦したいと思います。

 玄米の時もそうでしたが、材料費と手間隙が必要以上にかかるのは、
普段の生活に取り入れるのには不適切だと思っています。従って、
全粉粒のパンが、材料費、味が満足行かなければ継続しないような
気がしています。どうなるかはお楽しみですが。

 シンプル&エコライフを目指すからには、やはり無理せず、お気軽に
行きたいものです。(パン作りのサイトは、山ほどあるので、いろいろと
参考にして見てくださいね。私は、あまり手間のかかることはしないので、
このブログでレシピなどが公開されることはありません!!多分。)


 ほんと、簡単・お手軽・おススメ!と言うのがありましたら、
是非コメントで紹介してください。お待ちしております。
by happyfun120 | 2006-10-11 00:28 | たべものについて

パンを作る その1

 ふとしたきっかけで、パンを作ることになりました。
 しかも、利用しているのは10年以上前のホームベーカリー。
 もう使わないからということで、譲ってもらったのです。

 「ホームベーカリーだと寝る前に材料を入れてタイマーセット
するだけで朝起きれば、パンが出来ている」
というのは聞いてはいたのですが、やってみると本当にその通りでした。
 しかも、調子に乗って、クルミを買ってきて、クルミパンも作れる
ようになりました。と、このように書くと、パンを作ったことのない人は、
すごいことをやっているかのように思えるかもしれませんが、
ご飯を炊くのと全く同じ。誰にだって、簡単に出来ます。
なんせ、面倒くさがりで、シンプル簡単が好きな私にだって出来るんだから。
しかも、失敗や練習無しで。

 パンが好きだけど、自分で作ったことのない方には、
ホームベーカリーの利用を強く勧めたいと思います。
はまること間違い無しです。

 ほんの少し(と言っても5分~10分)、手間と時間はかかってしまうかも
しれませんが、それでも自分が食べる食べ物の安全を自分で管理できる
と言うのはとても満足感のあるものです。慣れてしまえば、何でもないです。
やはり、習慣にしてしまうのが一番。

 最新のホームベーカリーだと、どんなに進化しているんだろうと、
ふと気になることもありますが、今はタイマーセットで、
パンが作れるだけで満足してます。次に目指すものは・・・・お楽しみに。

<余談>
 食事のスタイルは、以前にも紹介したようにナチュラル・ハイジーンを
自分達の生活に合うように工夫して取り入れているので朝食は
果物なのですが、どうしても、少し物足りないということでパンを
一切れだけ食べています。
by happyfun120 | 2006-10-06 00:19 | たべものについて

人の体・消化の仕組みは不思議なり。

フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!
ハーヴィー・ダイアモンド マリリン・ダイアモンド 松田 麻美子 / グスコー出版
スコア選択: ★★★★

 「だれもが100%スリム!常識破りの…」を読んだ後にさらに
興味を持って本書を読んでみました。が、残念なことに内容に
あまり発展性というか、奥行きが無かったような気がします。
まず自分の食生活と健康に革命の第1歩を起こしたいのであれば
「だれもが…」を読んで、自分なりに実践することで十分だと
思います。これまでと違う食生活の実践により、必ず何か違いを
実感できると思います。
(確かに、本書では実践のための詳しいレシピなどは充実していた
ように思いますが、あれだけ、十分な食材を自由自在に活用する
のにはかなりの余裕と情熱が必要な気がします。)

 今の自分の健康状態や食生活に関して、少しでも疑問を持っ
ている方や、環境問題にも考慮して、さらにパワー溢れる生活
に興味を持っている人には、本書などで説明されている
「ナチュラルハイジーン」の考え方は、受け入れられると思います。
本書の内容全てが真実だとは思いませんが、それでも、一読を
お勧めできる書籍です。 
by happyfun120 | 2006-08-15 19:26 | たべものについて

常識を疑ってみる価値あり。

だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命
松田 麻美子 / グスコー出版
スコア選択: ★★★★

食生活に関する常識の再検証を迫られるインパクトの
強い本です。本書に書かれている内容が、必ずしも全て
真実であるとは思いませんが、本書を読まれた方の今後
の食生活に関する、価値観や信念を大きく変えるような
気がします。(少なくとも、私は本書に出会えたことを感謝
しています。)

 いきなり全てではなく、自分が納得できること、自分
が取り組んでみたいと思うことを自分流にアレンジして
取り組んでみると身体に変化が出てくるのを実感できる
と思います。ダイエットではなく、健康とパワー溢れる
生活の視点から本書を読み、生活の中に取り入れていま
す。

 より詳細に知りたい場合には、本書の原書?にあたる
「フィット・フォー・ライフ」をお勧めします。が、
内容は殆ど同じなので(料理メニューの紹介が多い位?)
エッセンスを学び取るのであれば、本書で十分だと思
います。

 食生活の急激な変化は、危険を伴うので、実践して
いく場合には、(専門家に相談するなどの)十分注意も
必要かと思います。
by happyfun120 | 2006-08-15 19:07 | たべものについて

食事における中庸

 暑中お見舞い申し上げます。

 雨の多かった梅雨が終わったと思えば、本格的な暑さの夏が一気に
始まったという感じですね。変化に対応できるということは、素晴らしい
ことだと思うので、この暑さにも、そして地球の温暖化にも?、対応出来
るように、しっかり水分補給をしてお過ごし下さい。
※くれぐれも、ジュースに代表されるような砂糖の取りすぎにはご注意下さい。
 身体の60~70%は水分と言われていますから、やはり大切なのは、お水なのです。

さて、以前にも生活習慣の変化による影響が出やすい人(土台が危うい?)
もいれば、出にくい人(土台がしっかりしている?)もいることをお伝えしたかと
思います。食生活を変えることによる影響もわかりにくいものもあるかと
思うのですが、先日なるほどと思う新聞記事がありました。

 食の評論家と言われる人の、食事に関する哲学が紹介されていました。
一言でまとめてしまうと・・・
 
  敢えて中庸を実践し続ける!

More
by happyfun120 | 2006-08-04 22:41 | たべものについて

誰か知りませんか?

 あまり、自分のことはこのブログでは、書いてきませんでしたが、
農学部を卒業したにも関わらず、野菜を育てることについては、
恥ずかしながらあまり良く知りません。(もともと、自然や食べ物に
興味があったんだとは思いますが・・・)

 そんな私ですが、常々不思議に思っていることがあります。
実は、今マンションの5Fに住んでいて、プランタで野菜を育てて
います。日当たりも、風通しも、まずまずかと思われる環境です。

 そのプランタの野菜に、小さなアブラムシのような虫がビッシリ
付くことがあります。彼らは、一体何処からやって来たのでしょうか?
誰か知りませんか?

 一人暮らしをはじめてから、これまでいろんな植物を育てては、
枯らしてしまって罪深い人間ではありますが、この小さな虫たちが
何処からやってくるのかは、ほんと長年の疑問です。恐らく、
風に乗って、飛ばされてきたんだろうとは思うのですが・・・・。

 夏野菜の季節です。旬の野菜を楽しみながら、感謝していただきましょう。

 
by happyfun120 | 2006-06-24 23:24 | たべものについて