2011年 11月 03日 ( 1 )

女の子そして女性は強し!?

1歳になった娘が一時保育に週1回通うようになり、
1ヶ月が経とうとしています。長男も同じように、
一時保育を利用していたのですが、その違いには、
改めて驚かされます。

二人目というためなのか、女の子というためなのか。

恐らくは・・・
そのどちらの条件を満たしているためかと思うのですが、
保育園から『熱がありますので、お迎えに来てください』
と言う連絡が全くないのです。


長男を一時保育に預け始めた時には、
本当に頻繁に保育園からの連絡があったことと
比べるとただただ驚くばかりです。


最近、続けてお産関係の本を紹介していましたが、
改めて女性には、敵わないなと思うのです。


しかし、少し気になることもあります。
というのは、『安全と安心』という名の元に、
お産における日本の帝王切開率は上昇を続けている
ということです。(そろそろ30%に到達するのでは?)
※参考:『平成22年度我が国の保健統計/厚生労働省


帝王切開については、また別の機会と
させていただきますが・・・・


陣痛やお産という産みの苦しみを
経験しないで娘が産まれてきていたら、
もしかするとそんなに強くなかったのでは?
とふと思ったりすることもあります。


しかも、それが何世代にも渡って繰り返されたなら、
女性の強さやたくましさも、変わってしまうのでは?
などと想像してしまったりすることがあります。

※注意:生物の進化や遺伝は、簡単なようで複雑なので、
そう単純に予測できるものではありませんが!!


『自然なお産』を美化するわけではありませんが、
新しいあたりまえとして、無理をしない自然なお産が
見直されると良いなと、心から思います。




豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
無理をしない自然な妊娠・お産・子育てに
取り組む女性を応援しています!!

[PR]
by happyfun120 | 2011-11-03 23:57 | 子育てについて