人気ブログランキング |

2009年 12月 19日 ( 3 )

健康管理のための1冊

病気にならない腸もみ健康法 (講談社の実用BOOK)

砂沢 佚枝 / 講談社

スコア:

 「腸もみ健康法」で興味を持ったので、
本書を読んでみました。

 健康管理には欠かせない食べるという行為
に関連して、
・食べ物
・内臓の役割とその活性化方法(腸もみ)
・腸もみの効果
を分かりやすく紹介してくれています。

 健康本というのは、実践し続けないと
効果は得られないかもしれませんが、
健康の基本的な考え方や予想以上に腸が
大切なことなど本書を通じて理解しておくと
何かと役立つと思います。

 「腸もみ」の砂沢氏や「病気にならない」の
新谷氏の書籍の内容は基本的に同じことの紹介
なので何か1冊読んで、自分なりに参考にして
おくので十分なような気もします。


by happyfun120 | 2009-12-19 12:29 | 書籍(体)

自分でココロと身体を整える1つの方法

1日3分 腸もみ健康法―「超きもちいー」マッサージ (講談社プラスアルファ新書)

砂沢 〓枝 / 講談社

スコア:

腸内環境を整えることの効用とその具体的方法を
腸もみ(腸のマッサージ)として紹介してくれています。
医学的な説明やイラストがそれ程多いわけでは
ありませんが、

・自分で健康なココロと体作りをしたい人
・簡単に手軽に自宅で取組めるのが好きな人

には、十分満足できる内容を提供してくれています。
(但し、あくまでも一般向けで詳し説明などは無い
ので注意も必要です。)

 腸内環境を整えることで、健康問題の全てが解決する
訳ではないかと思うので、注意が必要ですが、それでも
免疫力や自然治癒力を高めるためのヒントなども
コラムで多く紹介されているために普段の生活を
改善して行くよいきっかけになるかと思います。


by happyfun120 | 2009-12-19 06:30 | 書籍(体)

自分というものが見えてくると

 先日紹介させてもらった「ニンジンから宇宙へ」という
本の中でなるほどということが紹介されていました。
<以下本文より抜粋>

・これからは自分で考え、自分で生きて行くことが求められる。

・知らず知らずのうちに植え付けられた価値観や
 先入観に捕らわれていないこと。

・自律した個(人)という立場で物事を見ると、
 周りのものは、何一つ自分のものではないことに気が付く。

・全てが個として存在していることを実感すると、
 自分を囲む命あるものが愛しいものか、
 大切にしなければ行けないものかに気が付くようになる。

<抜粋終了>

 自然界における生物多様性や自然な暮らしに繋がるようで
とても良いなと感じたのです。

 自分のことが大切だと思えるようになれば、
自分が周りに生かされていることに気が付く。
健康管理だけでなく、ココロや気持ちを含めた
自分というのを大切にしたいなと思います。


 情報氾濫してしまっている現在では、
なかなか本当のところどうなの?というのを
確かめることが難しいことが多々あります。

 例えば、自然塩。
 ミネラルを多く含むから身体に良いという見方もあれば、
(生の)にがりが多いため、蛋白凝固作用で腎臓や肝臓に
悪いという見方もあるようです。

 変にこだわりすぎずに、自分が良さそうだなと
思ったことを大切にすればそれでよいかななどと
最近は思っています。

 この週末本当に寒くなってきました。
暖冬の影響で「冬は寒い」という当たり前のことを
思い出させてくれているようにも思います。
インフルエンザも含めて、風邪をひきやすい季節が
続きますが、体調管理に気を付けてお過ごし下さい。
by happyfun120 | 2009-12-19 06:22 | その他