人気ブログランキング |

2008年 05月 26日 ( 1 )

水のとりかた上級編?

 これまでにも水に関する記事をいくつか書いてきましたが、
今回は体の環境を維持するために必要な役割について簡単に
紹介をさせて頂きます。

 五大栄養素(エネルギーに関係する摂取蛋白質,脂質,炭水化物に
体の調子を整える働きをもつビタミン,ミネラル)という言葉が
ありますが、これに次に追加されるのは恐らく水ではないかと
言われるくらいに、実は水は私達の体の中で大切な役割を
しています。

 少し前(2008/02/26)になりますが讀賣新聞に
「硬水飲んで代謝改善」という記事が紹介されていましたので
要点をそのまま引用しておきます。この記事を書かれている
藤田紘一郎先生というんは、元は寄生虫などの免疫学の
専門家であり、過剰な清潔が人を弱くするということを長年
訴えておられます。興味のある方は、「笑うカイチュウ」など
を読んでみて下さい。

「人体の60%以上を占める水は、血液やリンパ液などとして、
酸素や栄養素を全身に運び、老廃物や過剰な物質を腎臓に
運ぶ。水を飲むことによって、血液循環量を増やすことで、
代謝が活発になる。


「人間は一日2.5ℓの水分を体から排泄するため、同量の水分を
取る必要がある。食べ物に含まれている水分などを除いて、
お茶や水を一日2ℓを目安に飲んで欲しい。そのうち、ある程度は
水そのものを飲むのがいい。


老廃物の排泄に効果があるのは、硬度の高い、アルカリ性の水。

「硬水は、カルシウムが腸の蠕動運動を活発化し、便秘を予防する働きをする。」

「ただ、硬水は腎臓に負担を与えるので、腎臓の悪い人には注意が
必要だ。また睡眠中は内臓の働きもていかするために、寝る前と
起きた直後には軟水、昼間は硬水と飲み分ける方法もある。」

以上、引用終了。

 何事もほどほどが大切です。
 いきなり水を飲む習慣や体質が出来ていない人が無理を
して水を飲み始めると返って体に負担をかけることになるので
注意も必要です。

 物質的な体とうい側面から健康を考えた時には、
消化→吸収→代謝→排泄 の一連の流れが
正常に行われない限り、体は快適にはなりません。

 これから、気温もだんだん上がり水分を補給することも多くなるかと
思いますが、こまめな給水を行う習慣を付けることで体の調子が
良くなることを実感していただければと思います。

 
by happyfun120 | 2008-05-26 07:47 | たべものについて