厳しい言葉は実は宝

自分でもわかってはいたのですが、ブログのテーマである
"体"についての投稿が全然ありませんでした。
人に触れる医療サービスの学校で、勉強をしているにも関わらず。
実は、自分が"体"に対する実技に関して、少し言い訳をして逃げて
いるというのも気付いていました。

今日、たまたま、学校で講師をしたおられる先生から、
厳しい言葉と指摘を頂きました。自分で分っている自分の
弱点を指摘されるのは、厳しく、辛く、痛いものなのです。
しかし、よくよく考えると、これまた、当たり前のことになるのですが、
やはりすごく自分を成長させてくれるきっかけや起爆剤になるんですよね。
(指摘された時には、悔しかったり、腹立たしくなったりするのですが。。。)

厳しいことを言ってくれる人(=一見イヤだと思ってしまう人)こそ宝である。

これを忘れないためにも、以下のことについてもう少し
今年度の計画に組み入れて実践しようと思う。

・手技の実技の練習の時間を週1回取り入れる。
・実践の場を通して、副収入を得るための具体的イメージをより明確にする。

ちょっと、個人的なことになってしまいましたが、
忘れないうちにメモしておこうと思います。
[PR]
by happyfun120 | 2005-02-14 01:33 | その他
<< パワーアップ計画 その6 パワーアップ計画 その5 >>