人気ブログランキング |

精神的成長を忘れないでいよう。

愛の論理―私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか
飯田 史彦 / / PHP研究所
スコア選択: ★★★★

 愛とは何ですか?と質問された時に、きちんと自分なりの
考えを伝えることは出来ますか?その答えに自信があり
満足をしている方には、色んな角度から愛について考察を
深めようとする本書はしつこく感じられるかも知れませんし、
不要かもしれません。
 しかし、そうでない方には、是非一度本書を手にとって、
そして愛について、自分の人生の意味について、考えてみては
如何でしょうかとあつかましくも提案をしたくなるような本です。

 過去の偉人のエッセンスをギュッと一冊に濃縮し、
考えつくされた愛についてここまで丁寧に、そして、多くの
人にも分りやすく書かれている本は多くないような気がします。

 「生きがいの創造」に刺激を受けて全く異なるタイプの
飯田先生の本を1冊読んでみようと思い手にしたのが本書でした。
そして、またまたその凄さに圧倒されてしまいました。

 愛を与えることも素晴らしいと思いますが、
きちんと自覚し、伝えることが出来るというのも素敵なこと
だと思います。それにしても、これは良書だと思います。
by happyfun120 | 2007-04-22 01:09 | 書籍(ココロ)
<< 「ゆっくり力」って如何でしょうか? 本当の力は、ゆっくり育つ。 >>