ふらふらと流されない人生のために。骨太の人生哲学を!

[決定版]生きがいの創造
飯田 史彦 / / PHP研究所
スコア選択: ★★★★

 本書では、仮説とはしながらも「生まれ変わり」という考え方を
とても興味深く、そして、とても分かりやすく紹介をしてくれています。
「生まれ変わり」という現象があると仮定した時に、
自分の人生をどのように意味付けし、どう生きますか?という
問題提起をしてくれる人生哲学に関する良書です。

 世間や忙しさに流されることに違和感を感じない人には、
本書をお勧めするつもりはありません。しかし、より積極的に
自分の人生を自分でコントロールして生きたい人や、
病気や人間関係を含めて何らかの生きづらさを感じている人には、
自信を持ってお勧めできます。生きるということを考える時に、
とても力強い参考材料のひとつにきっとなると思います。

 本書では、「生まれ変わり」に関連したことに焦点が
合わせられ過ぎている気がしますが、もう少し視野を広げた
書籍に「投影された宇宙」というのがあります。(これは、
「ホログラフィック・ユニバース」の新装版のですが。)
文科系というよりは、理科系の方にはとても興味深く参考に
なるのではと思います。

 いずれにせよ、飯田先生のご活動には敬意を表します。
[PR]
by happyfun120 | 2006-12-31 14:37 | ココロについて
<< 私って何ですか?生きるってどう... 石けんの洗浄力再確認 >>