人気ブログランキング |

考え方ひとつ

 新春とは名ばかりに、寒い日が続いていおりますが、
くれぐれも無理をせずに、体を温かくしてお過ごし下さい。

 さて、2006年がはじまりましたが、調子はいかがでしょうか?
思い通りに順調な人もいれば、何だか思うように行かずに調子が
狂っているように感じておられる方もいるかと思います。

 でも、心配しなくても大丈夫です。

 では、なぜそんなことが言えるのでしょうか?
 ちょっと冷静に、考えてみてみましょう。

 調子が良い、悪い、楽しい、辛い、というような"感情"は、
どうやって生まれてくるのでしょうか?
どこかからやって来るのでしょうか?
誰かに押し付けられたり、与えられたりするのでしょうか?
どれも、答えはNO.です。
 雨が降っていて、暗くじめじめするから憂鬱だと感じる人もいれば、
静かで落ち着くと感じる人もいます。雨が降るということ一つを
とっても感じ方はそれえぞれですが、その感じ方は、その人が、
自分で選択して選んだ結果ですよね?
 つまり、どう感じるかは、自分で選択して、自分で決めている、
または、決めることが出来ると言うことなのです。
(何年か前に、この考え方に出会ったときには、衝撃的を受けたのを
今でも忘れずに覚えています。)
これが、その理由の1つめです。





 そして、驚くことに、調子が悪いといことに関連して、
「最悪の状況」や「非常に厳しい経験」が、結局は後で振り返ると、
それらが現在の幸せにつながっているということが
アンケート結果などから実証されているからなのです。
これが、心配しなくても良い理由の2つ目です。

 もし、上記の内容に驚かれているようなら、これはチャンスです。
 何故って、新しい考え方、ものの見方を一つ仕入れたのですから。
  
 (これまでにも、非常に良い影響を受けてきた本田健さんの
本を次回紹介させていただこうと思います。新しい年の初めには、
なんだかピッタリのような気がしているのです。)
by happyfun120 | 2006-01-20 00:27 | ココロについて
<< 立ち止まった時こそチャンス 寒い冬を暖かく乗り切ろう その... >>