人気ブログランキング |

寒い冬を暖かく乗り切ろう その1

 寒さが急に本格的になってきたと思いきや、大雪に見舞われている
ところもあるようですが、気を付けてお過ごし下さい。

 さて、今回はたまには季節に関連するの健康の話題として、いかに
暖かくして冬を乗り切るかということについて少し記事にしてみたいと思
います。扇風機を使って、暖かい空気を循環させるなどの裏技もある
ようですが、そのようなものは別として・・・ 大学時代の(自称)スキー部
の活動と趣味のアウトドアの経験から、暖かくして過ごす工夫について
2点紹介をさせていただきます。


[ポイント]
1.暖かい空気の層を確保する
2.効果的に体を暖かくする場所を知る


 今回は、1つめの"暖かい空気の層を確保する"についてです。
これは、アウトドアを通じて私が学んだ考え方です。簡単に説明すると
アウトドアでは、1日のうちでの大きな気温の変化に対応出来るように
レイヤリング(要は重ね着)という考え方を大切にします。つまり、暑くな
れば脱ぎ、寒くなれば、着込むという単純なものです。このレイヤリング
における暖かくするコツは、自分の体温で暖められた「暖かい空気の層」
をいかに外に逃がさずに確保するかということなのです。







 そのために、外出時などはナイロン系のものをアウター(上着)として
利用する
のが一つのポイントになります。ウインドブレーカーとは、まさ
にその名の通りで、ナイロン系の素材で、薄いけれども風を防ぐことに
よって、「暖かい空気の層」が流されるのを防いでいるのです。

 それから、「暖かい空気の層」を作り上げるために効果的な肌着
(長袖シャツやタイツ)を利用する
ということがポイントになってきます。
アウトドアメーカーの機能的な発熱肌着は、ほんとに優れているのです
が、結構なお値段であるのも事実です。いきなり、本格的なアウトドアの
物を利用しなくても、ユニクロなども"ヒートテック"というシリーズで、
暖かい空気の層を作り出すのに効果的な肌着を手頃な価格で提供して
いますので一度試しに利用してみてはいかがでしょうか?
(※肌着は、体に密着したものが良いのは当たり前ですが、タイトすぎる
ものは、体を締め付けてしまって、体に良いとは言えないのでご注意下
さい。何と言っても、体は、柔らかく、暖かく、リラックスした状態が好き
ですから。)

 クールビズに引き続き、ウォームビスという言葉を耳にするようになり
ました。一時的なブームではなく、エネルギー資源の節約のためにも
暖かくして冬を効率的に過ごす方法を検討してみる価値はあると思いま
す。私が学生の時に、ちょうど京都の国際会議場でCO2削減のための
国際会議が開かれましたが、私達は生活を変化させたのだろうかと、
ふと疑問になったりします。快適さだけを優先させてはいないのかと。

 先進国においては、人口減少が始まったために、長い目で見ると、
消費するエネルギー資源も勝手に減るのかもしれません。しかし、
陰りが見え始めた(確実になると思われる)日本も、一度は先進国とい
う立場にあったのであれば、それなりの取り組みや姿勢というものは、
示してほしいというのが個人的な思いです。

 少し余談が入ってしまいましたが、次回はより主体的に、体温を上げる?
ために暖めるターゲットになる場所について考えてみたいと思います。
by happyfun120 | 2005-12-18 23:23 | 体について
<< 都市の危うさと"備え... ホントかどうか考えてみよう。-... >>