第5の国民病とは?

小林正観さんの本をまとめてUPしてしまいましたが、
2011年の研究テーマ?の一つに、
小林正観さんについてもう少し知りたいというのがありました。
何とか年内に滑り込みを決行したという感じです。

さて、いよいよ今年も残り少なくなってきました。
新聞やテレビなどでも2011年を振り返る特集や番組が
多くやっているのではないでしょうか?

どんな1年でしたか?


自分自身を振り返ると、
特別大きな何かがあったわけではありませんが

・父親の施設入所が決まったこと。
・妹がついに?、結婚したこと。(結婚出来たこと。)
・幼稚園に通いだした息子が随分としっかりしてきたこと。

などが大きな出来事だったかも知れませんが、
妻と子供たちが元気でいてくれ、
一緒に楽しく暮らせているというのが、
やはり一番ありがたいことかもしれません。

※これは、正観さんの『普通の淡々とした生活が幸せの本質』を
さっそく、自分に当てはめて実践しているのが、
バレバレと言われそうですね!!


さて、随分と前置きが長くなってしまいましたが、
2011年、健康関連の新聞記事で大きく印象に
残っていることがあります。

それは、うつ病を含めた精神疾患が五大疾病(第5の国民病?)
として位置づけられ、今後の医療計画に
反映されるというものでした。
※参考記事:『5大疾病に位置付け』(2011/08/11読売新聞)



これまで国民病と言えば、
がん、脳卒中、心臓病、糖尿病でしたが、
精神疾患の患者数は2008年の調査時点で320万人と、
糖尿病の240万人、や150万人のがんなど
他の疾患よりも圧倒的に多いというのです。


精神疾患と言えば、脳やココロそしてストレスとの関係が
すぐに連想されるかと思いいます。

しかし、近年ではメディアなどでも

『痛みや身体の不調も脳の過敏もしくは機能低下と関係している』

ことがずいぶんと取り上げられるように
なってきたかと思います。


創楽カイロ研究所でも、
私自身の興味が(父親のことなどもあり)、
脳やココロにあったので、

身体とココロと脳のバランスをいかに整えるか

に取り組んできたわけではありますが、
今後も引き続きこのテーマに取り組んで行きたいと思います。


今年もいよいよ残り少なくなってきましたが、
お身体に気を付けて良いお年をお迎えください。




豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
うつ症状や慢性痛を一人でお悩みではありませんか?
身体とココロのお手入れに取り組むならご相談ください。

[PR]
by happyfun120 | 2011-12-26 12:14 | 体について
<< お礼とお知らせ 日々是好日への道 >>