腰痛と椎間板ヘルニアの国民的大誤解とは?

先日もNHKのためしてガッテンで、腰痛に関連して
驚異の回復!腰の痛み』(2011/11/16放送)が
取り上げられていました。

ようやく
ヘルニアが腰痛や坐骨神経痛などの原因と
特定できるケースは、非常に稀(約5%)であること

が常識になりつつあるようですね。

個人的は少しうれしかったのですが、
先入観や思い込みの強さを痛感させられた方も
多かったのではないでしょうか?


詳しくは、上記の番組HPを確認していただければ
と思いますが、参考までに要点のみまとめておくと・・・






■腰痛の原因の85%は原因不明。
→椎間板ヘルニアと特定されるのはわずか5%。

■ヘルニアは自然消滅する可能性がある。
→手術をしてもしなくても中長期的な予後は変わらない。
※なんとマクロファージが、ヘルニアを異物として食べてしまう
ことが紹介されていました!!
(これには、私も驚きで思わず目からウロコでした。)

■注意が必要な症状もある。
→しびれや麻痺がひどくなっている場合。
→尿がしにくい、もれやすいなどの排尿障害がある場合。
※これらの場合には、要注意。大至急、病院へ!!

■ストレスが腰痛を含めた痛みの悪循環に関与している。
→ストレスが脳の鎮痛システムを働きにくくする。
→痛みの悪循環:
 痛みが心配⇒運動不足⇒周囲に理解されない⇒
 脳の鎮痛作用が低下⇒さらに痛い

■自分の好きなことや適度な運動が悪循環を断ち切る。


以上、番組のまとめ終了。


これまでにも創楽カイロのHPやこのブログでも
腰痛に関しては、脳との関係(脳の誤解)や
筋肉との関係(筋肉が関与していること)などを
ずいぶんアピールしてきたつもりではあります。

参考記事:
『診断名とその原因を一度疑ってみませんか?』
『ドクターショッピングの前に、まずこの本を!』
『腰痛は二足歩行の人類の宿命ではない!!』

医療の常識に限らず、世の中や社会も変わり続けます。
腰痛の原因と解消法についても、
実は流行すたりがありますが・・・・

なるべく物事の本質に近いところに着目し、
引き続き、良い結果が出せるような取り組みに
精進して行きたいと思っています。



とはいっても、腰痛や肩こり、痛いものは痛いですよね?

そんな時には、無理せずに、少しでも早く改善するための
手当てや取り組みをされると、不安や心配そして苦痛が
なくなるのではやりおすすめです。


豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
腰痛や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などで
お困りでしたら、慢性痛になる前にご相談下さい。

[PR]
by happyfun120 | 2011-11-26 22:38 | 体について
<< 頑張るあなたと社会への問題提起? 脳卒中のことを知らないと、損を... >>