季節外れのトマト栽培

 9月の末頃に、机の上を整理整頓している時に、
ふと『卓上トマト栽培セット』なるものを妻の実家から
もらっていたのが見つかり、季節外れと思いながら、
育ててみることにしました。(トマトの原産地は、
確か南米の高原地帯だったので、朝晩の気温差が
あるような時期なら何とか育つのではと勝手に
思ってタネを植えてみました。)
 ↓↓ こちら ↓↓

タネッコヌーボー プチトマト
タネッコヌーボー プチトマト

 何でもお手軽で便利というか、
変わったものがあるものです。

 それにしても恐ろしく人工的なトマトです。
ほんとの野菜は緑が薄い』にも、
タネのことが色々と詳しく書かれていましたが、
現在市販されているのはほとんどがF1と呼ばれる
交配種です。

 簡単に言えば、ひ弱な優等生。
環境が整えば素晴らしい成果を出すが、
環境が適さないと成果が出せないのです。
(※F1から作られる次のタネは、
同じ成果が出せないと言われており、
毎年タネを購入することが一般的です。)

 2週間程経ちますが、何とか順調に育っています。
寒くなる前に無事実がなると良いのですが・・・
結果は、またブログでご紹介できればと思います。

 余談ですが、2年程前にベランダで水耕栽培による
プチトマト栽培をしたことや自家採取の実験なども
したことがあります。
(ブログの記事にはしていなかったかもしれません。)

 どちらも実際にやってみるとそれなりに大変で、
自然とは?環境とは?を考えるのにも大変良い機会に
なったものです。

 自分で育てた野菜やお米や果物などを
食べられるというのはもしかすると、
とても贅沢なことかもしれません。

 食欲の秋、何か栽培されているものはありますか?


おまけ>>
 同じシリーズ?のバジルも、もらっていたので、
こちらも現在発芽中です。上手く育つでしょうか?
 



豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
食べることは、楽しくて、幸せな時間です。
身体の調子が良いと、食事はもっと楽しくなりますよ!!

[PR]
by happyfun120 | 2011-10-10 23:49 | たべものについて
<< 脂肪の取りすぎと睡眠時間が少な... 西洋も東洋も行き着くところは同じ >>