人気ブログランキング |

鼻呼吸の実証報告

 先日、久し振りに定期メンテナンスを兼ねて
施術に来られた岡町在住の落語家K・Kさんから、
うれしいご報告をいただきました。

『鼻呼吸がだいぶ定着してきた』と言われるのです。

(※ちなみに創楽カイロに初めて来られたのは、
1年半くらい前だったかと思います。その頃に、
私から『ぬれマスク』と『鼻呼吸のススメ』の話を
させていただいたところ、非常に興味をもたれて、
その後、随分と試行錯誤をされたようです。)

 鼻呼吸の効果として、

■喉の調子が良い。(←これは当たり前?噺家は喉が命?)
■いびきをかかなくなった。(←奥さんにより検証済?)

を実感されているようです。

 さらに、鼻呼吸に取り組もうとする人への
貴重なアドバイスまでいただきました。

[POINT]
1.日中口を閉じるためには、
  「前歯を軽くかみ合わせるようにするとよい。」

2.睡眠時に鼻呼吸を継続するためには、
 ピップキネシオロジーテープを口に貼るのがおすすめ。

ピップ キネシオロジーテープ 足・腰用 (50mm×4.5mm)
ピップ キネシオロジーテープ 足・腰用 (50mm×4.5mm)

 とのことでした。
 利用するテープもいろいろと自分なりに
試してみてやっとたどり着いたと言われていました。

※注意:皮膚が弱い方は、利用するテープには十分ご注意下さい。
※参考:貼り方にも色々ありますが、
     自分なりに試行錯誤して一番良い方法を
     見つけられるのがおすすめです。


 プロ意識といえば当たり前のことかもしれませんが、
身体の定期メンテナンスにしろ、鼻呼吸にしても
そうですが、きちんと取り組んでくださり感謝いたします。

(※何事も予防と普段のお手入れ/メンテナンスが、
やはり効果的です。予防にかける費用と、痛みや不調で
不便になった時の損失?を比較/意識することを御忘れなく!!)


 基本的には、口呼吸をしなければいびきはなくなりますし、
口呼吸を止めると、免疫力UPにつながるなど、色々な効果が
あります。
※参考:『口呼吸はダメなの?』 


 睡眠時のいびき=無呼吸症候群と短絡的に
結び付けてしまうのはよくありませんが、
それでも、「いびき」をかくことが多い人は、
やはり疲れが溜まっていることが多いようです。

 寝てもどうもすっきり体が回復しないと
感じておられる方は、もう一度睡眠時の
口呼吸防止対策(ぬれマスクまたは口テープ)を
検討されてはいかがでしょうか?

 Kさん、貴重な鼻呼吸の検証報告ありがとうございました。


[お知らせ]
 今月の岡町での落語会『月なみ九雀の日』は、7/20(水) 19:00~です!!


追記・修正>>
 K・K さんからのご指摘で紹介をさせていただいた
テープの幅が違っていたのを修正させていただきました。
細い幅のテープではなく、
太い幅のテープだと言われるのです。

 口元の両端に2ヶ所利用するものだと思っていたら、
何と太いテープで本当に口をふさいでしまうようです。
でも、これでも大丈夫とのことでした!!
(2011/07.27)


豊中で整体・カイロをお探しなら:創楽カイロ研究所/
寝ても疲れが取れない/慢性疲労症候群や
睡眠時無呼吸症候群でお困り方もご相談下さい!!

by happyfun120 | 2011-07-12 21:54 | 喜びの声
<< 暑さに強い体、『暑熱順化』とは? 自然体を目指すなら >>