続けられない本当の理由は?

 2011年も2月になりましたが、
新年に立てた今年の目標に向けて
取り組みは続いていますでしょうか?

 まだ1ヶ月しか立っていないわけですが、
継続できている人、出来ていない人いろいろだと思います。

 今年の創楽カイロの目標の一つは、
まさに「継続する仕組み作り」そのものなのですが・・・。

 なぜ、目標が達成できないか?

 意志が弱い、忙しくなってしまった、などなど
色んな理由や言い訳があるかと思いますが、
もう少しその根本原因を探ってみると・・・・、





2つほど大きく影響を与えているものがあるように思います。

1.目標自体がそもそも現実離れしていたり、
  本当に自分が心から願っているものではなかった。


 『御社の「売り」を小学5年生に15秒で説明できますか?』
 という本を読んでいた時に、書かれていたのですが、
 著者は目標自体が自分の本心とは違うことを
 「悪魔の目標」と表現していました。
 本心ではない目標を取組んでも、上手く行かなかったり、
 逆に悪いサイクルにはまり込んでしまったりすると。
 
 実にうまい表現です。
 例えば・・・
 世間一般では、成功=十分な年収や業績などという
 考え方があります。それを真似して、自分も年収何千万を
 目指したとしても、それが本心ではなく、
 他人の価値観を真似ただけであれば、上手く行くわけが無いと。

 自分の本心を知るために必要なこと。
 それは、一番大変な作業ではあるのですが、
 やはり「自己分析」「自分との対話」に他なりません。


2.「やる気のスイッチ」が上手く入っていない。

 最近、早くも?息子の教育を色々と考え始めたのですが、
その時に出会ったのがヨコミネ式の「やる気のスイッチ」という
表現でした。
 人は、誰かに認められたり、応援されたりする時に
やる気になったり、継続することが出来るというわけです。
 
 大人であれば、自律が大前提のはずです。
 しかし、分かっちゃいるけど、これってやっぱりなかなか
大変なのも事実といえば事実です。よね?

 最近、「ためしてガッテン」が計るだけダイエットの
インターネットサービスとして
「ガッテンダイエットクラブ」というものを始めました。

 個人的には、これは本当に良いサービスだと
絶賛しております。(興味ある方、是非お試し下さい。)

 しかし、これも上手く結果が出せる人と、
出せない人に分かれてしまうだろうなと思っています。

 なぜか?

 やっぱり、人は直接誰かに「すごいね!」
「がんばっているね!」と応援してもらった方が、
やる気になれると
思うのです。

 すごく、アナログ的な思考で、幼い考えかもしれません。
それでも、これまでなかなか「継続する」という
習慣を身に付けれていなかった人が、
人に応援されることをきっかけにして、
自分も出来るという自信を身に付ける
小さな成功体験を身に付けることは、
長い目で見れば、非常に有効なことではと思うのです。

 
 まだ今年も始まって1ヶ月が過ぎただけです。
目標をあきらめるには、早すぎます。
 気分と思考とやり方をちょっとリセットして、
もう一度、取り組みを続けはじめてみませんか?

※この記事は、自分に向けた応援メッセージだったりします!!



豊中市で整体・カイロをお探しなら創楽カイロ/
腰痛などの慢性痛(症状)の改善専門のコーチとして、
自然なお産に取組む方、体質改善を目指す方を応援しています!

[PR]
by happyfun120 | 2011-02-05 05:22 | その他
<< ダイエットの思い込み、間違って... 私は道具? >>