人気ブログランキング |

娘と父親

 先日紹介した「男の子の育て方の本」ですが、
妻が読んでいたのを私も読ませてもらいました。

 父親にとって息子は、自分を見ているようで、
違和感がそれ程なく、子育ても一緒に遊んでいるような
感覚が強いのであまり多くを意識しないのですが、
母親にとっては、どうしても不可解な部分もあるのかもしれません。

 特に男の子のパワーはすごいので、
ちょっとしたコツを知っておくと、心強いのでしょうね。

 ということで、少しだけヒントを本文から引用。

■男の子の子育てが楽になるキーワード
①あきらめる
②少し我慢する
③なんでもないことと思う
④感謝する
⑤笑う

■子育て必須アミノ3
①十秒のかかわり
②80点の常識
③笑い


以上、引用終了。

例えば:
①十秒のかかわり: については

 男の子に限らず、
子どもは飽きるのが早いので、満足するのも早い。
だから、10秒間という短い時間であっても
子どもの気持ちを上手く満たしてあげることは可能である。

 というようなことが紹介されています。

 詳しく知りたい方は、本書を読んでみて下さい。

 ところで、本題の「娘と父親」についてなのですが・・・・




 
 本書を読んで改めて実感したのは、
母親と男の子、母親とパートナー、娘と父親との関係は、
基本的に同じであるということでした。

 良い意味でも悪い意味でも、子どもにとって、
親と家庭はどうしても、自分と他者、自分と社会とのつながりの
基準を作り上げてしまうようです。

 それ故に少し大袈裟に言えば、
男の子の子育てにそれ程苦労していない女性は、
パートナーや自分の父親とも良い関係を持っている。

逆に、
男の子の子育てに苦労している女性は、
パートナーや自分の父親との関係がそれ程良好ではないかもしれない。

というようなことが言えるように思うのです。

 あくまでも全体的な傾向としてではありますが・・・。
 女性の皆様、いかがでしょうか?

 ということで、子育ては母親の影響が大きいとも言われますが、
娘に異性の基準を与えてしまう父親の影響も無視は出来ない
ということを少し頭の片隅に置いておかれると、
役立つ時がいつか来るように思います。


 子育ては、本当にパワーを使いますね。
 親にゆとりがないと、やはりゆとりをもった子どもへの
対応も出来ないような気がします。とういことで、
夫婦二人だけで、子育てに取組んでいる方は、
特にしっかりと自分達の体と心のリフレッシュ、
してあげてくださいね!!
by happyfun120 | 2010-06-06 06:30 | 子育てについて
<< これは貴重な映像記録!! 本のタイトルと内容がまさにピッ... >>