人気ブログランキング |

根拠の無い自信で大丈夫は本当?

 報告が遅くなってしまいましたが、先日「子どもへのまなざし」
というタイトルで佐々木先生の講演会に行ってきました。

 何よりもまず驚いたのが、参加人の多さでした。
広告らしき事前の案内などを広報の小さな掲示板以外で
見なかったために、てっきりこじんまりしたものだろうと
思っていたのですが、100人以上の参加者だったように思います。

 さて、当日手渡されたレジュメにはたくさんの項目が
ありましたが、全てを紹介解説するのではなく、2つのことを
重点的に講演をされていました。

[佐々木先生が大切にされている子育てのポイント]

・愛着=無条件に、十分に、永遠に愛されるという実感

・基本的信頼=根拠のない自信
 →人を信じることが、自分を信じることに繋がる。
 →人を信じられない人には、自分に自信も持てない。



 確かに最近の脳科学や自己啓発などでも
「根拠のない自信を持つことが大切」ということが、
盛んに紹介されているように思います。

 しかし、これらの表面的な「根拠のない自信」というものと、
佐々木先生が言われているものとは、少し違うんだなというのを
納得できたのが今回の一番の収穫でした。

 というのは、




・資格、社会的身分、学歴などは、本当の自信にはつながらない!

 必ず自分より優れた人はいるもので、比較をしても落ち込むだけ。 

・本当の自信がない人は、いつまでも優越感と劣等感の狭間で苦しむ。


 だからこそ、本当の自信をつけるために必要なのが、
乳幼児期に育まれる「愛着」と「基本的信頼」であるということでした。

 子どものためと思って取組んでいる、いわゆる幼児教育なども
必ずしもそれらは、子どもを幸せにするものではなく、
親の自己満足やコンプレックスの解消に過ぎないのではないか?などなど、
色々と考えさせられることは多くありました。

 人の気持ちになって物事を考えよう。
とは良く言われることですが、・・・
本当に自分は、「子どもが望む親であるか?」を
考える良い機会に改めてなったような気がします。


 それ以外にも、多くの問題提起をされていましたので、
参考までに紹介をさせて頂きます。パートナーや家族と一緒に
少し話し合ってみると良いかもしれません。

[ちょっと立ち止まって]

・家族は本音で話ができているのか?

・親は子どもに対して、根拠のない自信をそだてているか?

・自己愛、自己中心的な感情が強すぎはしないか?

・子どもの自尊心を守るために、親はプライドを捨てられるか?
 
by happyfun120 | 2009-11-23 06:03 | 子育てについて
<< 知っていますか?ウンコトライアングル 笑いと免疫の関係とは? >>