人気ブログランキング |

スロー保育のすすめ

 何でも興味を持っていると、色んなものが集まってきます。
 ということで、たまたま読んでいた本の中で、
子どもの育つ環境を考える環境学の分野で「大地保育
というのが紹介されていました。
 忘れないうちにメモをしておきます。

 その中でスロー保育ということが紹介されていたのですが、
これらは、私が大好きな佐々木正美先生の考え方などとも
非常に共通する部分が多いように思います。

 「隣の芝生」で、何でも他のものと比べてしまうのは、
どうかと思いますが・・・。思想や哲学をしっかりと持ち、
それを実践した歴史を持っているというのはやはり、
素敵なことだなと思います。

 大地保育の中で、子ども達が豊かに遊ぶために、
大人が言ってはいけないことが紹介されていました。

「汚い」「危ない」「みっともない」「やかましい」
「散らかっている」「早く」「下手ね」「何の役にも立たない」


 これらの言葉から子どもを解放してあげること。と。

 私は、自分が息子に対してついつい「危ない」を
多用していることに気が付き、ヒヤッとさせられました。
息子に対して「危ない」を言わないことをゲーム感覚で
やってみようと思います。

 このブログでも何度かお伝えしているかと思いますが、
やはり、言葉の持つ力(言魂?)は、予想以上に大きい
のかもしれません。

追伸>>
 最近、本好きの妻の友達が色んなジャンルの本を
どんどん紹介してくれています。興味を持ったものを私も
読ませていただいているのですが、全然追いつきません!
 Fさん、このブログにもコメントしてみてくださいね。
 ちなみに、今回は「父の作法」からでした。 
by happyfun120 | 2009-09-30 03:27 | 子育てについて
<< 大切にしてあげたい子供の自然な... 糖尿病とストレス >>