人気ブログランキング |

研究は最高の道楽?

腸は考える (岩波新書)

藤田 恒夫 / 岩波書店

スコア:

腸脳関係に興味があり本書を読んでみましたが、
どちらかといえば消化管ホルモンやセンサー細胞の
研究成果をエピソードを交えながら面白おかしく
紹介していることが中心になっていたように思います。

 少し脱線が多いことや内容も今となっては少し
古いために「セカンドブレイン」の方がもう少し
内容的にも楽しめる気がしました。

 あとがきにも書かれているように、学問や研究の
面白さを伝えてくれる内容ということに関しては、
研究に関わる人には参考になるところも多い気が
します。


by happyfun120 | 2009-05-07 08:13 | 書籍(体)
<< 恒常性を保つために最前線で働く... 環境問題評論家の船瀬俊介氏にご用心? >>