人気ブログランキング |

インフルエンザ・風邪の季節が終わってしまう前に(その1)

 少し寒さが戻ってきたような気もしますが、
スーパーに買い物に行くと雛祭りの歌が流れていたりして、
春が近づいていることを再確認させられます。

 さて、毎年冬には風邪やインフルエンザの話題を
これまでにも記事にしてきましたが、今年もちょっと変わった(?)
視点から風邪について記事にしておこうと思います。

 昨年末に以前から興味は持っていたものの
なかなか読むことが出来なかった風邪に関する
本を何冊か読んでみました。

 結論としては、免疫力を高めることが最高の予防法であり、
治療法であるということには変わりありません。

 しかし、そのための具体的な方法が意外にも簡単で
しかもこれまでにも注目してきた、免疫、自律神経、内臓など
から考えても実に納得の行くものだったということです。

 実際に、今シーズンも何度か風邪の前兆を感じることは
ありましたが、早めの対応をしたおかげで風邪でダウンする
ということはありませんでした。
(風邪で寝込むことはここ数年は無かったようにも思うので
まあ、例年通りといえばその通りなのですが・・・)

 一般的な風邪の予防と言えば、
「手洗い、うがい、マスク」と言ったところでしょうか。
しかし、今回は少し違います。
もちろん、これらも大切なのですが、
常識を疑え!ということで、まずご紹介させていただくのが、
先日NHKのためしてガッテンで放送されていた
口の中の細菌を減らす口腔ケアです。
番組の概要はこちら:インフルエンザ最新対策)

 要は、舌を含めた歯磨きをしっかりすることで、
インフルエンザの予防効果が期待できると言うものです。

 これまでにも腸(内臓)が最大の免疫器官であり、
その入り口がまさに口であることを何度も紹介してきた
かと思いますが、やはりポイントは私たちの内臓、
つまり消化管にありそうです。

 では、今シーズン実際に試した方法とは?
 次回までもう少しお待ち下さい!!

※余談ですが・・・
 但し、口の中の殺菌がしばしば効果大と紹介される
ことが多いように思うのですが、それよりも大切なのは
やはり唾液が十分に分泌されていること。つまりは、
自律神経のバランスが整っていることの方が、
根本的に大切だと個人的には思っています。
<唾液についての以前の記事はこちら。>
by happyfun120 | 2009-02-27 23:50 | 体について
<< 自然な子育ての基本の基本 第二外国語習得のヒントにも活用可 >>