第二外国語習得のヒントにも活用可

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

サリー ウォード / 小学館

スコア:

本書では、言語治療士という言語聴覚の専門家による
子供のことばの発達(習得)の過程と共にアドバイス的な
内容が繰り返し紹介されています。
 月齢に沿った対応方法や発育が紹介されていますが、
展開があまりにワンパターンなために少し面白さに
欠けてしまっているように思えるかもしれません。
また、子供の言葉の問題(話せない,話さないなど)に
あまり興味が無い(もしくは特に心配をしていない)
親にとってはそれ程面白さを感じられないかも
しれません。
 しかし、本書で何度も繰り返し紹介がされている
「語りかけ」の基本と、子供たちがどのように言語を
習得して行くかの基本を理解することは、第二
外国語を習得する時にも非常に有効なような気が
します。

 子供の第二外国語の習得の方法において、CDや
ビデオのかけっぱなしでOKなどのお手軽・お気楽な
方法をよく目にしますが、子供が興味を持って
いるものや今行っていることについて「語りかけ」
てあげることが、結局は自然でありかつ
一番効率的な言語習得の方法であるという
当り前のことにも気が付かせてくれます。

「語りかけ育児」に興味がある方も無い方も、
子供の言語の習得過程とその基本を押さえておく
という点ではとても参考になる一冊だと思います。


[PR]
by happyfun120 | 2009-02-18 06:26 | 書籍(ライフスタイル)
<< インフルエンザ・風邪の季節が終... 離乳上手が子育て上手? >>