女性が望むお産とセックスの環境とは!

バース・リボーン―よみがえる出産
バース・リボーン―よみがえる出産

ミシェル・オダン / 現代書館
おすすめ度:★★★★


 誤った先入観や固定観念が自然なお産にとっての
一番の邪魔者であり、自然なお産のためには、女性の
持っている子供を産むという本来の力をいかに引き
出せるようにサポートできる体制を作るかが大切
であるということを強く訴えかけてくれているのが
本書です。

 ヒトと動物を単純に比較するのは間違っているかも
しれません。しかし、哺乳類の動物が子供を産む時や
交尾をする時のことを少し考えてほしいのです。
そして、私たち人間がセックスをする時のことを。
 如何でしょうか?
何だか少し共通点が見えてくるような気がしませんか?
ということは、ヒトがお産をする時にもきっと良い環境
というのは…。

 個人の自由や選択の自由という意味での自由ではなく、
ヒトが持っているお産のために一番力強い自由を発揮
するためのヒントを思い出させてくれるはずです。

 少し古い書籍ですが、自然なお産を望む夫婦だけ
でなく、お産に関わる人が読むと後々何かと役立つ
ことと思います。(お産の状況が赤ちゃんに与える
影響や心身症の根本的な問題についての解説など)
但し、少し生々しい写真が多いので注意が必要かも
しれません。
[PR]
by happyfun120 | 2008-12-31 18:53 | 書籍(体)
<< 生き残る力(サバイバビリティ)... 今年一年のビッグニュースは? >>