糖尿病から考える体の歴史

 少し前になりますが、NHKスペシャルで糖尿病のことを
取り上げていました。(「病の起源 第5集 糖尿病」)
その中で何点か興味深い内容がありましたので今回は
その1つ目について少し記事にしてみます。

■日本人の糖尿病患者のうち75%は肥満が原因ではない。

 という調査結果です。
 思わず納得された方、実は多いのではないでしょうか?

 糖尿病のことをあまり知らないと、普通の人のイメージでは、
糖尿病=肥満の人,欧米人に多い というものかもしれません。
しかし、日本人は肥満でないにも関わらず、糖尿病の人が
圧倒的に多いというのです。

 その理由として、戦後急速に食生活の西洋化が進んだが、
日本人は脂肪分を消化するために膵臓からの消化酵素である
インスリンを十分に分泌する体質に身体がまだ発展していない
ということでした。
 それに対して、西洋人は7千年前に牧畜を開始して、
脂肪を十分消化できる膵臓をじっくりと時間をかけて作り上げて
きたというのです。そのような食生活に適した人たちの生き残り
である子孫が現在の西洋人だということでした。

 この事実からも分かるように・・・
生物の進化や発達には、やはりそれなりの時間かかる
ということです。
 私たちはついつい伝統や文化を軽視しがちで、便利や効率に
目を奪われてしまいがちです。しかし、先人たちの知恵やライフ
スタイルにはやはり理に適ったことが多いことや、今の食生活が
健康を害していないかを少し見直してみるのも良いかもしれません。
 動物としての私たちの身体の歴史をやはり忘れてはいけないと
思うのです。食べることは、生きることの基本だからこそ、
改めて大切にしたいなと思っています。

 番組の内容を備忘録を兼ねてまとめておきました。
糖尿病について詳しく知りたい方、興味ある方は続きをどうぞ。





<病の起源 第5集 糖尿病 
 ~想定外の"ぜいたく"~ のまとめ>

・糖尿病は、血液中に糖が過剰になったことで引き起こされる。
→すい臓から分泌される消化酵素であるインスリンは
血液中の糖を細胞や脂肪細胞に取り込むのを助けるが、
余分な糖で脂肪細胞が満たされると糖は血中にあふれ出してしまう。

→毛細血管が糖に犯されることによって生じるのが壊疽、腎臓病、網膜症。
 血液中の糖の濃度が高くなると、糖が毛細血管の壁に付着し、
細胞を破壊し出血が起こり、血液が血管を塞いでしまう。
このために、毛細血管が張り巡らされている、足先や腎臓、
そして網膜に血流障害が起こり、壊疽や腎臓病、網膜症になり
細胞が死んで行く。

・高度肥満つまり食べ過ぎがやめられない脳の仕組みは?
→薬物依存状態と同じで、大脳基底核にあるドーパミン受容体の
反応が鈍くなっている。

・祖先の暮らし
→狩猟採取の時代には、好きなだけ食べることや肥満とは無縁の生活。
 約1万3千年前に農耕が始まるまでは必要最低限の食事が普通だった。
 ヨーロッパの北の地域では作物が充分に育たなかったために、
7千年前に牧畜が始まり、脂肪を消費するためにすい臓を発達させて、
インスリンが出やすい体質を発展させて行った。
 現在の欧米人は、肉食に適応する体質つまりインスリンを
多く分泌できる人たちの子孫である。これに対して、日本人は、
狩猟採取の生活とそれに続く稲作文化でも、脂肪を多く取る
ことは少なく、すい臓からのインスリン分泌を十分に発達
させることが必要ではなかった。

・日本人の糖尿病患者のうち75%は肥満が原因ではない。
→日本人は、すい臓からのインスリンの分泌量が少ないために、
脂肪細胞に蓄える糖の量も少ない。そのために、食事により
多くの糖が小腸から吸収された後に、血液中に入ってくると
糖が血中に多く残ってしまう。これが肥満ではない日本人に
糖尿病が多い理由である。

・質素すぎる食事は糖尿病になる可能性が高い。
→胎児期に充分な栄養がいきわたらずに低体重で
生まれてくる赤ちゃんは、すい臓の発育が抑制された状態、
つまり省エネモードのスイッチがONになった状態で
生まれてくる。しかし、実際の生活において、ぜいたくな食事が
なされることが続くと糖の消費にインスリンが対応できずに
糖尿病を発症することがある。

・日本では低体重で生まれてくる赤ちゃんの割合が
10%にまで増加しており、将来の糖尿病患者が増える
可能性が危惧されている。
→この原因の一つは、若い女性の細く見られたいという願望
にある。
低体重のまま妊娠してしまうとお腹のなかの赤ちゃんに
省エネモードで生まれてくる素因が出来てしまう。

・肥満型の糖尿病の方の対応方法は、まず適切な食事コントロール。

・肥満ではない方の対応方法には、運動がおすすめ。
→インスリンが足りなくても、糖は筋肉で消費されるため。
さらに、運動で筋肉が太くなるとより多くの糖が消費されるようになる。
[PR]
by happyfun120 | 2008-12-14 15:14 | 体について
<< 糖尿病予備軍は、胎内ですでに作... 自分で、自宅で、簡単に出来る体... >>