人気ブログランキング |

いかに食べるか?

 食欲の秋もそろそろ終わりに近づいているのでしょうか。
朝晩の寒さが一段と際立って来たように思います。

 さて、先日讀賣新聞の連載に「食ショック」というのがあり、
『「よくかむ」102歳で現役』(2008年11月22日朝刊)に
教育学者の昇地三郎さんの記事が紹介されていました。
<参考記事はこちら>

 一口30回。よく噛むことが健康の秘訣。 ということでした。

 確かに、よく噛んで食べると、脳の満腹中枢が刺激されて、
少量の食事で満足でき、摂取カロリーも低く抑えられます。
こうした食事が老化防止に効果があることが、動物実験など
でも確認されていることが紹介されていました。

 「よく噛んで食べる」などいつもいつも親から言われていた
ような簡単なことなのですが、簡単なことほど、継続して
自分の良い習慣にするのは努力が必要なのかもしえませんね。
恐らく、動機付けに自分がコミットできれば、それは良い習慣と
なって行くのだと思います。なぜ、自分はそれをするのか。

 飽食の時代もそろそろ曲がり角を迎えようとしているのかも
しれませんが、これからますます「いかに食べるか」という
ことを一人一人が問いかけられることになりそうです。
 
 最近改めて、免疫や自律神経の関係で口や嚥下のことを
調べていたのですが、動物が発達させてきた「食べる」という
行為は、人の健康管理に私たちが考えている以上に
大きく関わっているようです。

[お知らせ]
 創楽カイロプラクティック研究所で、妊婦さん向けの小冊子
「自然なお産~楽しい妊娠期間と自然なお産をとおして、
赤ちゃんとつながるための7つのヒント~」というのを作って
みました。
 施術を受けていただいた妊婦さんで、希望者にお渡しさせて
いただこうかと思っています。ブログを読んでおられる方で、
ご興味ある方おられましたらご連絡下さい。
by happyfun120 | 2008-11-25 08:00 | たべものについて
<< 初めて読む方には注意が必要? 究極に目指すは、心の平安やさとり? >>